新聞広告デジタル原稿制作・入稿にあたって

このページは以下の構成でできています

デジタル広告ガイドライン

完全原稿(一切手を加えることなく、そのまま画像化し紙面掲載可能なデータ)での入稿を原則としています。新聞社側での修正は行いませんので弊社ガイドラインをご一読いただき完全原稿での入稿にご協力下さい。

詳しくは、「デジタル広告ガイドラインVer.3.1.2」をご覧下さい。

ダウンロード>>

ドットゲイン

 山形新聞は「高速オフセット印刷機」で印刷しています。オフセット印刷では網点の大きさで色の濃度や濃さを変えています。新聞は短時間に大量の部数を印刷しなければならないためインキの粘度が低く、染み込ませて乾燥させます。そのため印刷時に網点が太ってしまうドットゲインという現象を起こしやすい特性を持っています。

 また、新聞用紙の特性により、商業印刷やゲラ出力に使われる紙に比べてインキが載せられません。紙の白色度も異なり若干の色がついています。

 このような理由からプリンターなどから出力したゲラと実際に掲載された広告の色に若干の違いが生じます。

 ゲラに比べ暗い調子に掲載されることがあるのはこのためです。

 これらの特徴をご理解の上、紙面印刷で最適な画像や濃度の調整をお願いします。

■色見本参考サイト
(社)日本新聞協会のページ (社)日本広告業協会のページ
(社)日本新聞協会は新聞カラー広告色見本プロファイルNSAC(エヌザック)を作りました。 (社)日本新聞協会のページからダウンロードできます 運用ガイドは(社)日本広告業協会のページからダウンロードできます。