やまがた橋物語

金山川編[5]

◆荒屋橋(金山)

荒屋橋(金山)の写真 安全面に配慮し歩道橋も架かる荒屋橋=金山町

 荒屋は新田、興屋、新屋などと同じ意味の地名と言われる。「荒屋は新田を開く新屋であるとともに、水魔によって荒廃を重ねる荒れ野(や)でもあった」(金山町史)。金山川の扇状地に開かれた荒屋地区の美田は、堤防が整備されるまでは大雨が降ると水害を被った。

 新田開拓に苦労を重ねた地元の丹喜千雄さん(78)は「荒屋地区は橋で損をした」と指摘する。町場に出る最短ルートは金山川を渡って町立病院(現有床診療所)脇を通る、通称荒屋道。町道は遠回りで不便この上ない。荒屋道は住民生活に欠かせなかった。ただ、川に架かるのは丸太に土をかぶせただけの土橋。洪水の度に流失する。橋は地区の自主管理。架け替えや修復は地区が責任を負う。まだ公に「橋」として認めてもらえなかったからだ。

 一九七〇(昭和四十五)年ごろ、町が土橋に代わる「潜り橋」を造った。増水時、水面下に没する沈下橋だったが、長持ちはしなかった。橋板の下に埋めた導水管にだんだん土砂がたまり、流れが遮られ、橋がいつも水をかぶる状況に陥った。

 永久橋が県により、農道として整備されたのは八〇年。逸話が一つ残っている。当時の板垣清一郎知事を地区の集会所に招き、不完全な橋のためにこれまで住民がどんなに苦労してきたかを訴えた。その際振る舞った餅に知事が感激し、県の予算がついた-というストーリー。その時、地区の役員をしていた丹さんは「餅がうまかったかどうかはともかく、地域挙げて熱意を示したことが架橋に結び付いた」と振り返る。

 荒屋橋は一九九〇年に架け替えられ、現在に至る。長さ九二・二メートル、幅七・七メートル。二〇〇一年に隣接する歩道橋が完成、安全、安心の機能は一層充実した。

2008/11/17掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から