やまがた橋物語

金山川編[8]

◆魚清水橋(金山)

魚清水橋(金山)の写真 集落の地図を描いた手作りの看板が取り付けられている魚清水橋=金山町

 魚清水集落と県道を結ぶ「魚清水橋」は洪水で何度も流された。安全な橋が欲しいという住民の願いは一九七一(昭和四十六)年に実現。全長六一・六メートル、幅四・八メートルの橋が、地区住民の負担と近くの山林所有者からの寄付金もあって完成した。

 昭和の初め、人一人通るのが精いっぱいのつり橋があったが、洪水で流された。しばらくは丸太を三本束ねて橋代わりにしていたが、近くの山から木を切り出していたこともあり、馬車も通れる丈夫で広い橋にしたいと、丸太に土を敷いた橋を架設。洪水で一度架け直された後、所々腐って欄干がなくなってもそのまま使われていた。

 昭和三十年ごろだったという。雨の日、傘を差して橋を歩いていた小学生の女の子が風にあおられて川に転落した。欄干があれば防げた事故だったかもしれない。幸い、近くにいた人がすぐに助け上げたが、安全な橋を求める地域住民の思いは強くなった。

 新しい橋は工費を少なくするため、橋は両岸の間が一番狭い場所に造られた。完成を機にマイカーを購入した住民も多かったという。魚清水地区で生まれ育った伊藤準治さん(71)もその一人。「今では橋が狭く感じるようになった」と伊藤さん。ワンボックスカーなどの大きな車が増え、車同士の擦れ違いはぎりぎり。橋のたもとで対向車を待つ光景がよく見られる。

 橋の下流の右岸堤防沿いに二〇〇一年、最上川さくら回廊でオオヤマザクラ三十六本が植えられた。左岸にも桜並木があるため、春には両岸がピンク色に染まり、通行人を楽しませる。

2008/11/20掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から