やまがた橋物語

馬見ケ崎川編[13]

◆下唐松橋(山形)

下唐松橋(山形)の写真 建設会社などの資材置き場の前に架かる下唐松橋。現在は市民らの散歩コースなどとして定着している=山形市

 馬見ケ崎川を上流に向かって進むと、山形自動車道山形蔵王インターチェンジの手前に、下唐松橋が現れる。全長八十九メートル、幅七メートルのコンクリート橋だ。

 橋が完成したのは一九九一年三月。現地に作業所などを持つ建設会社や砂利店などのほか、付近の町内会などでつくる下唐松橋利用者連絡協議会が県の補償を受けて架橋。現在は農道橋として山形市が所有している。

 建設業関係者や地域住民らによると、以前は建設会社や砂利店などが架けた仮橋があったという。仮橋は、国道13号の舗装用に、上流から流れてきて河川敷に転がっている岩石を集めて砂利にするため設置した。当時の馬見ケ崎川の水位は今よりも高く、大雨のたびに橋が流される心配もあった。付近の住民は仮橋を業務用ととらえ、あまり渡ることはなかったようだ。

 現在は秋の芋煮会シーズンになると、下唐松橋周辺にも大勢の家族連れなどが繰り出す。最近の健康ブームで、川や橋周辺は地域住民の散歩コースにもなっている。同市小白川五丁目の松田洋夫さん(66)は、二匹の白い犬「タカ」と「リキ」を連れて橋の辺りを歩くのが日課。「朝と夜の二回、欠かさず歩いている。この辺は静かなので、犬も気に入っているみたいだ」と話していた。

2009/02/13掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から