やまがた橋物語

乱川編[1]

◆大滝遊歩道橋(東根)

大滝遊歩道橋(東根)の写真 四季を通じて観光客らが大勢訪れる大滝遊歩道橋。写真奥にあるのが大滝=東根市

 東根市から天童市に至り、河北町で最上川と合流する乱川。本県と宮城県の県境付近に源流があり、全長は約30キロ。流れが定まらずによく水があふれていたことから、この名称が付いたとされる。今回はこの川に架かる橋のうち、12の橋を上流から順に紹介していく。

 国道48号沿いから、車が通れない細い坂道を下ると、大滝遊歩道橋(全長27.1メートル、幅2メートル)がある。その名の通り、近くで豪快な水しぶきを上げる「大滝」を中心とした観光用の橋として1987(昭和62)年に架けられた。新緑や紅葉、雪化粧した木々に囲まれた大滝の風景を楽しみに四季を通じて多くの人が訪れる。

 地元住民によると、付近では明治30年代から炭焼きが盛んに行われており、橋はもともと、川向かいの里山で作った炭を集落に運ぶために架けられた。当時は川の間にある巨大な岩を中間点にした2本の木造橋だったが、台風が来るたびに流されていたという。近くでドライブインを経営する清野博昭さん(61)は「幅は60センチほどしかなく、子ども5人ぐらいで渡ると簡単に揺れた。それが面白くて子どもの時はわざと揺らして遊んだ」と懐かしむ。

 地元の関山愛林公益会長の清野栄三さん(74)は「石油などの普及で炭焼きは次第に行われなくなり、橋は戦後ごろから観光用として使われ始めた。神町に来た進駐軍の隊員が夏場に涼を求めて訪れたこともあった」と振り返る。

 現在の橋は鉄骨製で、朱色と三角形の骨組みの「トラス構造」が目を引く。市商工観光課によると、大滝周辺には年間延べ約37万人が訪れるという。「お盆期間中は特ににぎわう。訪れた人は橋を渡り、河原でバーベキューをしたり、水浴びをするなど思い思いに過ごしている」と博昭さん。時代の流れとともにその目的を180度転換した橋は今、与えられた役目をしっかりと果たしている。

2009/09/02掲載

上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から