やまがた橋物語

最上川第1部[1]

◆出羽大橋(酒田)

出羽大橋(酒田)の写真 最上川の最も河口に近い所に架けられた出羽大橋はスワンパークの目の前=酒田市

 地域を隔てる河川を越えて、行き来の時間短縮を図ろうと太古から橋が架けられてきた。県内各地にある橋を訪ね、歴史やドラマ、そこに住む人々が寄せる思いや暮らしを支えてきた歩みを紹介する。まずは最上川に架かる橋を河口からさかのぼる。

 日本海に注ぎ込む最上川には、道路橋だけで七十以上の橋が架けられている。その中で河口に最も近い橋が、酒田市の国道112号「出羽大橋」。全長八百十七メートルを誇る橋の上流にはスワンパークがあり、この季節、天気のよい週末は親子連れなどでにぎわう。

 かつて、酒田の町中から川南の袖浦地区に行くには渡し船に乗るか、上流側の両羽橋を迂回(うかい)するしかなかった。その不便を解消しようと、一九七二(昭和四十七)年に現在の橋が開通した。

 しかし、時代とともに朝夕の混雑がひどくなる一方。また、山形自動車道酒田インターチェンジや庄内空港などとのアクセス強化のため、一九九五年度から現在の橋の下流側で全長八百六十一メートルの新たな橋の建設が進められている。二〇〇七年度末に予定される開通後は県内最長の橋となる。

 新橋が開通すると、現在の橋は通行止めとなりリニューアル工事に入る。すべての作業が終われば、新橋は鶴岡市から酒田市中心部へ、現在の橋はその逆方向へのルートとして全面開通する予定だ。

2007/01/09掲載

上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から