やまがた橋物語

最上川第1部[4]

◆庄内橋(酒田、庄内)

庄内橋(酒田、庄内)の写真 青い六連トラスが美しい庄内橋を眺海の森から望む=酒田市

 河口付近は幅が数百メートルもある最上川では昔、木造の橋が洪水で流失することも珍しいことではなかった。当然、橋を渡る住民は、しっかりした橋を望む。酒田市の松山地域と庄内町中心部を結ぶ県道余目松山線の「庄内橋」も、そんな歴史から架けられた。

 県が建設に取り組み、四百六十五メートルの橋が完成したのは一九五八(昭和三十三)年。約半世紀を経た今となっては、歩道がなく、車道の幅は二車線で五メートルという狭さは、大型車同士のすれ違いがやっとという状態だ。

 歩行者や自転車には危険な橋に、架け替えを望む声が出ている。松山地域で唯一だった松山里仁館高が二〇〇二年三月末に閉校し、この庄内橋を通って庄内町などの高校に生徒を通わせている保護者らの声だ。

 酒田市の松山総合支所では「橋の改良促進についてはもともと期成同盟会がある。去年二月には松山地域としても協力会を設立し、早期実現を要望している」と今後に期待を掛けている。

 “日本海に沈む夕日を見るならここ”と評判の高い酒田市の丘陵地「眺海の森」に上ると、青色の美しい六連トラス橋が眼下に見える。昭和の美しい橋は架橋当時に想像できなかった交通量の増加などで、いつしか姿を変えるのだろうか。

2007/01/12掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から