やまがた橋物語

最上川第3部[5]

◆此の木橋(寒河江)

此の木橋(寒河江)の写真 緩やかにカーブする此の木橋は柴橋小のグラウンド(左下)に隣接する

 寒河江市の此(こ)の木橋(長さ一一七・四メートル)は、同市柴橋と国道458号を結ぶ県道中山三郷寒河江線の最上川に架かる橋。緩やかな曲線を描き、側面が緑色。すぐそばに柴橋小があり、児童たちの元気な声がこだましている。

 約十年前に同小校長で退職した沢田宏さん(69)は、橋の近くで生まれ育ち、今も中郷区長をしながら同所で暮らしている。いわば此の木橋とともに生きてきた。

 沢田さんによると、「此の木橋」の名前は、「柴橋」の「柴」の字を上下に分けて「の」でつないだもの。「小さいころ、旧柴橋村長が付けたと聞いている」

 今の橋は一九八八(昭和六十三)年完成の四代目。古くは渡し場で、一八八二(明治十五)年に最初の木製橋が架かったのが始まり。やはり木の橋の二代目を経て、三代目が一九三七(昭和十二)年に完成した。コンクリートの橋脚が村人の目を引いた。

 完成の翌年生まれた沢田さんは、この三代目の橋に愛着があるという。柴橋小に通っていた少年時代、少し土砂が盛り上がった岸辺の通称瀬の上が子どもたちの人気の場所で、カジカを捕まえたり、橋を見上げて写生をした思い出がある。「橋と川面の間に見える、秋の紅葉と朝日連峰はとてもきれいで、今も忘れられない」と語る。

2007/05/18掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から