やまがた橋物語

鮭川編[9]

◆観音寺橋(鮭川)

観音寺橋(鮭川)の写真 赤い欄干が特徴の観音寺橋。西側のたもとに庭月観音がある=鮭川村

 鮭川村の庭月地区にある観音寺橋。長さは208.8メートル、幅6メートル。赤い欄干が特徴の永久橋で、1965(昭和40)年に完成した。右岸には、最上三十三観音の打ち止めの寺として知られる庭月観音がある。

 観音寺と庭月の両集落を結ぶ。橋ができるまでは、通行は渡し舟で行き来していた。完成の翌年に「橋まつり」が開かれた。庭月観音には、その際に撮影された写真が残っており、庭崎賢恵住職(53)は「当時小学3年だった姉が橋ができたことに対する感謝の作文を読み上げたのを覚えている」と振り返る。

 一方、鮭川は大雨などで氾濫することが多く、橋の周辺はたびたび被害に遭った。これを受け、国土交通省新庄河川事務所は両岸に全長約3キロ、高さ4メートルの堤防を築堤。監視カメラや水位計も設置しており、住民の安全確保に努めている。

 毎年8月、庭月観音の灯籠流しが行われる。県内外から多くの参拝者が訪れ、先祖の霊を供養するために橋の上流から灯籠を流す。淡いオレンジ色の光が川面を照らし、辺りは幻想的な雰囲気に包まれる。

2012/01/28掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞スタート】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月16日にスタートしました。詳しくは、こちらから。
  2. 天気情報をリニューアル
     ホームページと携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」で提供している天気情報を拡充し、見やすくリニューアルしました。天気情報は無料でご覧になれます。便利になった天気コンテンツを毎日の暮らしにご活用ください。
  3. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から