やまがた橋物語

須川編第1部[8]

◆門伝橋(山形)

門伝橋(山形)の写真 隣で「ふれあい橋」の架設工事が進む門伝橋(左)=山形市沼木

 西山形地区と山形市街を結ぶ「門伝橋」は、同地区の人には“須川橋”とも呼ばれている。「地区住民にとって、この橋は生命線」と、西山形自治推進委員長の神保真さん(67)=同市柏倉=が語る。自転車と歩行者のための専用橋「ふれあい橋」が隣接して造られており、今月末に完成する予定だ。

 現在の門伝橋は一九六九(昭和四十四)年に完成した。長さは一七一・六メートル。二八年にできた先代の橋の橋脚の一部が六六年の豪雨で沈下したため造られた。現在の橋ができるまでの三年間は上流に木橋が仮設された。山形市街に通勤していた神保さんは「遠回りを強いられ、とにかく不便だった。だから新しい橋が完成した時はうれしかった」と振り返る。

 柏倉八幡神社宮司で郷土史を研究している結城敏雄さん(77)=同市柏倉=は四五年春、海軍少年飛行兵となった。古里を離れる日、先代の門伝橋を渡りきった時に、「もう二度とこの橋は渡れまい」と覚悟したことを覚えている。「橋は結界のようなもの。それぞれの人に、橋にまつわるそういったドラマがあると思う」と結城さん。

 時代とともに、自家用車や山形市街に通勤する人が増え、交通量が増加した。県民の森や西公園に行くためにこの橋を渡る車も多い。現在の橋の幅では自転車や歩行者がいると車の擦れ違いが大変、という住民の要望を受けて進められてきた「ふれあい橋」の工事も大詰め。西に富神山の三角形の山容が浮かぶ中、工事の作業員たちが忙しく行き来していた。

2008/03/12掲載

下流へ上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から