やまがた橋物語

吉野川前編[1]

◆潜滝橋(南陽)

潜滝橋(南陽)の写真 吉野川の源流部、奇観で知られる「くぐり滝」近くに架かる潜滝橋=南陽市小滝

 岩にうがたれた穴から清流が流れ落ちる奇観で知られる南陽市小滝のくぐり滝。その滝つぼからやや下流に位置するのが潜滝橋だ。1969(昭和44)年完成のコンクリート橋で長さ5.9メートル、幅4メートル。川面へと下り橋脚を見上げると、山中の濃い緑に囲まれどっしりとしている。近くに駐車場が整備されており、滝目的の多くの観光客がこの橋を渡る。夏は小学生の自然教室も開催されるエリアだ。

 吉野川は、さらに上流の水林地区から流れ始める。江戸時代に、米沢藩が水資源確保のために滝の奥を「御料林」として、山守と水守の7世帯を住まわせた歴史があり、75年まで集落があった。同地区からくぐり滝の脇を抜け、国道348号(旧小滝越え)へと導くのが市道小滝潜り滝線。上流から官山橋、潜滝橋、第二川前橋、川前橋の4橋が吉野川をまたぐ。

 かつて川沿いに営まれた水田や畑へと小滝住民らが通った道だというが、現在は観光客の車やバスが時折通行する以外、ひっそり。橋も長い年月を経て、すっかり周囲の風景に溶け込んでいる。

 南陽市小滝地区にあるくぐり滝上流部を源流とする吉野川は、同市内を貫流し、高畠町夏茂で最上川に合流する全長28.7キロの1級河川。人々の暮らしに密着した数多くの橋を前・後編に分け、紹介していく。

2011/09/05掲載

上流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞、事前申し込み開始】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月にスタートする予定です。ご利用の事前申し込みを開始しました。詳しくは、こちらから。
  2. 【人事情報コンテンツ】
     携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」では、人事特集コンテンツを設け、県職員、県教職員の異動名簿を掲載しています。役職や姓名の一部などのキーワードを入力するだけで検索できる便利な機能を設けています。どうぞご活用ください。
    携帯・スマートフォンサイトへのアクセス方法は、こちら
  3. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  4. 【やまがたの野鳥を聞く】
     インターネットと紙面が連動し、野鳥の鳴き声を文字と音で紹介する企画「やまがたの野鳥を聞く」。本紙の記事を読んで、ホームページにアクセスすると、県内に生息する鳥たちのさまざまな鳴き声を耳にすることができます。ログインはこちら。また、携帯・スマートフォンの有料ページにも同様のコンテンツがあります。携帯・スマートフォンサイトへのアクセス方法は、こちら
  5. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  6. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  7. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  8. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  9. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から