やまがた橋物語

月光川編[1]

◆月光川大橋(遊佐)

月光川大橋(遊佐)の写真 白い雪に囲まれて映える月光川大橋=遊佐町吉出

 遊佐町吉出の月光川大橋(長さ135メートル、幅6メートル)は1974(昭和49)年9月に完成した。月光川ダム付近に架かり、川で二分される金俣集落内をつないでいる。冬は赤い橋と白く積もった雪とのコントラストが美しい。

 県河川課などによると、月光川大橋は、月光川ダム(78年完成)の建設前、それまでのつり橋を撤去して架けられた。昨年、赤く塗り直され、鮮やかな色がよみがえった。

 近くの団体職員五十嵐寿行さん(56)は「以前のつり橋は川が増水すると通れなくなり、対岸の子どもたちが学校に登校できないこともあった。月光川大橋が完成し、住民が安心して通れるようになった」と語る。

 ここ20年ほどの間、月光川の上流部分にある湧き水が口コミで広がり、水をくみに来る人で交通量が増えた。年間を通して県外ナンバーの車も通るようになったという。

 NPO法人遊佐鳥海観光協会によると、秋になると橋の周辺は紅葉に染まり、同時に鳥海山も一望できるという。五十嵐さんは「梅雨の景色もなかなかだよ。雨によって、木々や赤い橋がぼんやりと見えるのも風情がある」と語った。

 秀峰・鳥海山を源流とし、日本海に注ぐ月光川(17.4キロ)。遊佐町を縦横に流れ、サケの遡上(そじょう)で知られるほか、米どころを支える水源としても、住民に多くの恵みをもたらしてきた。月光川に架かる主な橋15本と橋にまつわるエピソードを上流部から紹介していく。

2011/01/17掲載

下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から