やまがた橋物語

月光川編[9]

◆宮田橋(遊佐)

宮田橋(遊佐)の写真 遊佐町宮田の宮田橋(みやだはし)。濁点の位置に住民の願いが込められている

 宮田橋が架かる地区の名は遊佐町宮田(みやた)。だがこの橋は「みやだはし」と読む。濁点の位置が違うような気がするが…。

 橋のたもとに住む農業高橋良一さん(67)さんが疑問に答えてくれた。「地元の住民はなまって『みやだ』と発音する。橋の名前を決める時、住民の普段の呼び方を尊重しようとなったみたいだ」

 ならば「はし」はどうか。高橋さんは言う。「かつてこの橋は増水した濁流に何度も流された。橋が濁流に流されないように、そして月光川がいつまでも清流であってほしいと願い、濁点を付けなかった」

 多くの河川がそうであるように月光川も暴れ川として住民を悩ませ、過去には多くの橋が何度も流されてきた。流域に「はし」と読ませる橋は「そねた橋」など複数あり、同じ理由の可能性があるという。

 橋の歴史に移ろう。位置は今より少し下流だったとみられるが、かなり昔からこの地には橋が架かっていた。

 「月光川史」(月光川水害予防組合著)によると、1801(享和元)年時点で既に木の橋があった。6年後には架け替え普請がされたとの記述もある。昭和30年代にコンクリート橋が完成。「みやだはし」の名称はこの時に決まったという。現在の橋(長さ56メートル)は1998年に開通した。

 今の橋に架け替えられた際、たもとの傾斜がきつくなった。東側から車で渡ると急坂を上る感覚になり、空が目に飛び込んでくる。小さな橋だが、そんなところも住民に親しまれている。

2011/01/27掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から