やまがた橋物語

真室川編[8]

◆栗谷沢橋(真室川)

栗谷沢橋(真室川)の写真 栗谷沢集落と関沢集落を結ぶ栗谷沢橋。朝夕、通勤の車が多い。後方は栗谷沢集落=真室川町

 真室川町釜渕から南下し、町中心部に向かう途中に架かるのが栗谷沢橋。架設から半世紀以上がたった。栗谷沢、関沢の両集落を結び、朝夕通勤の車が多い。

 当初は丸太に横木と板を敷いた木橋だったが、大雨のたびに流された。近くに住む高橋寿男さん(77)=川ノ内、無職=は「子どものころ、木橋は狭く、幅は1メートル弱だった。流失したとき、約500メートル下流の奥羽本線の鉄橋を震えながら渡った記憶がある」と語り、住民総出で橋を架け直した当時の結束力に思いをはせた。

 その後、現在の橋の上流20メートルほどに砂利を敷いた木橋を架設。幅員は3~4メートルに広がり、ようやく車1台が通行できるようになった。近くの天野郁夫さん(60)=同、会社員=は「所々に穴が開いた凸凹道の橋だった。くぼみのため、三輪車が橋を渡った途端、横転したのを覚えている」と話す。

 今の橋が造られたのが1959(昭和34)年3月。鉄筋コンクリート桁で全長110メートル、幅5.5メートル。「建設当時、橋のたもとに作業員宿舎を構え、作業員たちがドラム缶で入浴していた」と天野さん。近くには子どもたちに人気の県神室少年自然の家がある。

 大雪の影響もあって、路面に傷んでいる所が目立つ。町民からは早期整備を望む声が上がっている。

2012/03/30掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から