やまがた橋物語

最上小国川編[17]

◆長者原橋(舟形)

長者原橋(舟形)の写真 黄色の欄干と青色の橋げたが特徴の長者原橋=舟形町

 舟形町舟形の県道舟形大蔵線にある「長者原橋」。黄色の欄干と青色の橋げたがひときわ目を引く。毎年、アユ釣りのシーズンになると、橋の下には県内外から多くの太公望たちが訪れ、釣りを楽しんでいる。

 長者原橋が木造だったころは、最上小国川が大雨で増水すると流出、そのたびに架け替えられていた。舟形町史によると、1947(昭和22)年と48年には、完成間近だった橋が続けざまに洪水で流されたこともあったという。

 現在の長者原橋(長さ168メートル、幅6メートル)は、65年12月に完成。地元住民たちにとって念願だった鉄製の永久橋だ。

 橋が木造だったころ、同町福寿野地区の畑に自転車で通っていたという近くの志村武男さん(83)は「木造の橋は馬車1台がやっと通れるほどの狭さだった」と振り返る。「永久橋になってからは、雨で橋が流される心配をすることなく、自由に通行できるようになり、とても助かった」と語る。

 志村さんの長男で会社員の強さん(47)にとって、現在の橋は物心ついたころから慣れ親しんでおり、「あって当たり前のものと思っていた」という。しかし「橋が流された話などを聞くと、存在価値をあらためて実感する」と話していた。

2010/10/08掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から