やまがた橋物語

最上小国川編[3]

◆虹の橋(最上)

虹の橋(最上)の写真 赤い欄干がひときわ目立つ虹の橋=最上町

 最上町の赤倉温泉街に架かる「虹の橋」。赤い欄干が目を引く。行政と住民が資金を出し合って建設し、その名は著名な俳人が命名した。

 初代の橋は1928(昭和3)年に整備された。旧東小国村(現最上町)と温泉街の住民が半分ずつ費用を負担し、官民一体で架設した。近くの阿部与一さん(85)=富沢、酒店経営=は「水害が少ない高台が建設場所に選ばれ、当時、大半の世帯が30~50銭を寄付したようだ。湯治客からも歓迎され、赤倉橋と呼ばれた」と説明する。

 現在の橋は3代目。65(昭和40)年に完成した。全長46メートル、幅3.7メートル。生活道路として利用され、赤色の欄干がひときわ目立つ。地元の森山治子さん(64)=富沢、主婦=は「悩みがあると、この橋に立っては解決策を考えた。元気と励ましを与えてくれたのが虹の橋だ」と、若いころの思い出を振り返る。

 63(昭和38)年、下流の主要地方道尾花沢最上線に新しい橋が完成すると、この橋が「赤倉橋」となった。旧赤倉橋に「虹の橋」と名付けたのは、富沢中(統合のため86年廃校)の校歌を作詞し、赤倉温泉にも滞在した俳人の故加藤楸邨氏。命名の依頼を受けて「山刀伐に虹かかれよと虹の橋」(句集「まぼろしの鹿」)と詠んでいる。

2010/09/15掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から