やまがた橋物語

最上小国川編[9]

◆義経大橋(最上)

義経大橋(最上)の写真 横笛を吹く義経像が瀬見温泉の湯治客らを出迎える=最上町

 奥州・平泉への逃避行の途中、弁慶が義経の子・亀若丸の産湯のために掘り当てた-。瀬見温泉には義経一行に関する興味深い伝説が残る。この伝説を基に、最上小国川に架かる瀬見地区3橋のうち、2橋に主従の名前が付けられており、最も新しいのが1993年に完成した「義経大橋」だ。

 JR瀬見温泉駅と温泉街を結ぶ町道・通称「義経通り」の整備に伴い、新設された。橋の両端には横笛を吹く義経像が立ち、欄干には“開湯の祖”弁慶を描いたレリーフが掲げられている。義経通りは桜並木で、夜になると道路沿いに並ぶ灯籠(とうろう)「夢あかり」がともる。冬季間は欄干に雪の結晶を模した電飾が施され、桜並木はイルミネーションが彩る。湯治客はもちろん、住民にとっても心地よい散歩道となっている。

 架橋前、この辺りは田園風景が広がっていた。橋完成の翌年、橋の近くに引っ越してきた町臨時職員菅智行さん(25)は「義経通りができる前はうちの田んぼがあるくらい。小学生だったので川で泳いだり、カジカやハヤを捕まえたりした遊び場だった」と振り返る。

 現在は瀬見温泉駅からの玄関口として頻繁に人や車が往来する。遠回りして瀬見橋を渡って瀬見小に通学するしかなかった温泉街に住む子どもたちの通学路にもなった。

 瀬見温泉観光協会の高橋昌裕会長は「かつては道路が狭くて温泉街に大型バスが入れず、団体客に駅前でマイクロバスに乗り換えてもらい、ピストン輸送した。それが出発と到着の朝夕だから、今思うと大変な手間だったね」と話していた。

2010/09/27掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から