やまがた橋物語

日向川編[1]

◆黒瀬橋(酒田)

黒瀬橋(酒田)の写真 対岸にあった社宅から発電所に通うために架けられた黒瀬橋=酒田市升田

 豊かな水量に恵まれた日向川(にっこうがわ)水系は、電気使用量の増加に合わせて早くから水力発電による電源開発が進められてきた。1954(昭和29)年に電力供給を始めた黒瀬発電所(酒田市升田)もその一つ。近くの黒瀬橋は、対岸にあった社宅から発電所に通う社員のため、発電所完成前年の53年に架けられた。

 黒瀬発電所は、合金属の製造を手掛けていた鉄興社(現日本重化学工業)が自家用発電所として建設し、55年に東北電力に譲渡した。72年2月に無人化されたが、それまでは年間を通して7~8人の社員が常勤し、交代制で最大出力7千キロワットの電力を供給していたという。

 黒瀬橋下流の貝沢集落に住む村上保さん(85)の母親は、黒瀬発電所の社宅で食事を作る仕事をしていたという。「近くにも酒田第1発電所(貝沢発電所)があり、社員が家に下宿していたことがあった。知り合いがいる社宅に遊びに行くと、当時、貴重だった真空管ラジオを見せられて『この中で小さな人間が話しているんだ』とちゃかされたこともあった」と懐かしそうに振り返る。

 鉄筋コンクリート造りの黒瀬橋は、全長50メートル、幅3.6メートルの堂々とした構え。日向川の増水にも耐えられるように川の中ほどに厚くコンクリートで固められた頑丈な橋脚が立ち、鋼製の橋桁を支えている。両岸の親柱には雷をイメージさせるモニュメントが飾られ、電源開発とともに誕生した橋の歴史を物語っている。

 酒田市升田地区の鳥海山南斜面に源を発する日向川は、庄内平野を西流し、遊佐町比子で日本海に注ぐ。全長は32.5キロで、前の川や滝ノ沢、草津川など多くの支流を持つ。日向川本流に架かる多くの橋の中から、地域の人々の生活に密着した14の橋を紹介していく。

2011/06/29掲載

下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から