やまがた橋物語

丹生川編[12]

◆丹生川橋(尾花沢)

丹生川橋(尾花沢)の写真 古くから丹生川を渡る要衝となってきた丹生川橋=尾花沢市荻袋

 丹生川橋(全長215メートル、幅7メートル)は、県道東根尾花沢線(旧国道13号)に設置され、尾花沢市の中心部と荻袋地区を結ぶ。羽州街道にまでさかのぼる古くから丹生川を渡る要衝とされ、現在は200メートルを超える長さの永久橋が雄大な姿を見せている。

 かつての木橋は、幅6メートルほどの丈夫な橋げたが並ぶ立派なものだった。さらにそれぞれの橋げたの上流側には、丸太を斜めに立てた通称「流木よけ」を備えていた。洪水時、上流から流れてきた立ち木などが橋げたに引っ掛からないようにし、橋の倒壊を防ぐ役目を果たしていた。

 「昔は洪水で和合橋など上流の橋が流されても、荻袋の橋(丹生川橋)は大丈夫だった」と星川茂平治さん(71)=同市牛房野=は振り返る。「少し遠回りをしても、安全に川を渡ることができた」と頼りにされたという。

 コンクリートの永久橋に代わったのは1954(昭和29)年。その後、補強工事などが行われた。交通量の増加に伴って78年には、上流側に幅2メートルある単独の歩道が取り付けられ、歩行者の安全を確保している。2005年から翌年にかけては、大規模な補強工事が行われ、現在の姿になった。

 はんらんを繰り返した丹生川だが、改修工事が進むとともに住民とのかかわりも変わってきた。地域住民らの要望を受け、県が1995年に「おらだの川整備事業」として橋下流右岸に、多目的広場やイベント広場、水上ステージ、散策路などの「にゅう川ふれあい広場」を整備した。晴れた休日には、家族連れなどが川遊びを楽しんでいる。

2009/07/23掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から