やまがた橋物語

鬼面川編[1]

◆大樽橋(米沢)

大樽橋(米沢)の写真 米沢市と福島県会津地方を結ぶ国道121号を支える大樽橋=米沢市

 今回の橋物語は「鬼面(おもの)川」を取り上げる。米沢市南部の吾妻連峰と大峠を源流とする大樽川と小樽川が交わって鬼面川となり、米沢市西部を北上して川西町で最上川と合流する。父を捜す旅の途中で米沢を訪れた平安時代の歌人・小野小町が、やつれた姿を川面に映したところ、顔が鬼のように見えた-との伝説が名前の由来とされる。大樽橋から吉島橋までの7本を紹介する。

 大樽川と小樽川の合流地点から20メートルほど下流に架かる大樽橋。米沢市の田沢地区と舘山地区を結ぶとともに、米沢と福島県会津地方をつなぐ国道121号を支える。16世紀に米沢を支配した伊達輝宗が息子の政宗に家督を譲った後、隠居したとされる舘山城跡地に程近い。

 1986(昭和61)年9月に完成、同年10月に供用を開始した現在の橋は長さ72メートル、幅15.5メートルの永久橋で、車の往来が絶えない。17(大正6)年建造の旧橋もコンクリート製だった。近くの高橋亮子さん(68)は子どものころ、旧橋の欄干の上をバランスを取りながら歩く近所のいたずらっ子を目撃。「その子は得意そうに歩いていたが、わたしは川に落ちるんじゃないかとハラハラして見ていた。今では考えられないが、当時はおおらかな時代だった」。近くの河原で泳いだり、橋周辺は子どもたちの格好の遊び場だった。

 92年のべにばな国体を前に、会津方面から米沢方面への交通確保のため、国道121号や大峠トンネルの整備が進められた。傷みの激しかった旧橋の架け替え工事も80年から始まり、総工費7億4千万円をかけて現在の大樽橋が完成。地元住民らによる渡り初めも行われた。

 舘山地区は県内屈指のリンゴ産地として知られ、橋の北東には真っ赤な実を付けたリンゴ畑が広がる。高橋さんは橋の右岸側で約30年前からリンゴ直売所を営む。「新橋が完成し、会津からのお客さんが増えた。何度も買いにきてくれる人もいて、ありがたい」。大樽橋は物流ばかりでなく、人と人の交流も支えている。

2009/11/04掲載

下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から