やまがた橋物語

天王川編[15]

◆天王川橋(米沢)

天王川橋(米沢)の写真 天王川の最下流に架かる天王川橋。左が自転車・歩行者専用の橋で2000年に完成した=米沢市下新田

 天王川は高畠町の露藤地区で最上川と合流する。付近一帯は、米沢市と同町の境界が複雑に入り組んでいる。天王川がひんぱんに暴れていたことを示すひとつの証左。天王川の最下流に架かる天王川橋は米沢市下新田に位置しているものの、下流および右岸側はすぐ高畠町だ。

 露藤、下新田の両地区は現在でこそ町、市に分かれているが、かつては同じ「屋代郷」。高畠町郷土資料館の安部温(あつし)主任(45)によると、天王川橋がある県道浅川高畠線は「中街道」と呼ばれ、米沢街道と羽州街道の間に位置し、両街道を補完する役割を担っていた。街道筋に「休み石」があったことが確認されていることなどから、人々の往来はひんぱんだったと考えられている。露藤は、街道沿いの中でも規模の大きな集落で水利も良かったため「1石でひとりが1年間暮らせる時代、30石の家もあった」。

 時代は流れて現代。県道浅川高畠線は、高畠町の中心部と米沢市街地を結ぶルートとして重用され、交通量は多い。混雑する国道13号のバイパス機能もある。現在の橋は長さ約71メートル。車道部分(幅9メートル)が1981(昭和56)年に架けられた。上流側に並行して架けられている自歩道橋は2000年の完成。幅3.5メートルの立派な橋だ。県置賜総合支庁によると、自転車通学の高校生や歩行者の安全を確保するため、後に専用の橋を造ったという。

 「幅の狭い砂利道で、橋も木製の簡単なものだった」。米沢市側に住む古老の思い出だ。先人たちにとっては、この自歩道橋だけでも驚きに値するのだろう。

2010/08/20掲載

上流へ天王川編おわり
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から