やまがた橋物語

内川・新内川編[1]

◆島影橋(鶴岡)

島影橋(鶴岡)の写真 新旧二つの橋が並ぶ島影橋。新しい橋を通勤の車が行き交う中、古い橋を渡り登校する児童たちの笑い声が響く=鶴岡市

 月山を越え、国道112号を北へ走り、鶴岡市櫛引地域を過ぎた旧鶴岡市街地の南の入り口、外内島(とのじま)地区と遠賀原地区の間を流れる内川に、新旧二つの「島影橋」が隣り合わせで架かっている。新しい橋を車が行き交い、古い橋を通学の子どもたちや住民が渡っていく。

 古い橋は、1975(昭和50)年に架けられた長さ30.5メートル、幅5.6メートルのコンクリート橋。まだ交通量がそれほど多くなかった時期は、人と車が共用していた。

 しかし、国道から市街地に入るルートで、年々交通量が増加し、大型車がすれ違えず、歩道もなかったことから、地元の強い要望を受け、2007年に新たな島影橋が架けられた。車両用となっている新しい橋は、長さ30.6メートル、幅9.7メートルのコンクリート製で、今は国道から市街地に入る新たなルートになっている。

 島影橋の名前は、大正、昭和期の農民歌人で、両地区のある旧斎村(現在の鶴岡市斎地区)村長なども務めた上野甚作(1886-1945年)が主宰、発行した歌誌「島影」に由来していると、地元の人はいう。

 内川沿いに住み、長く外内島地区の民生委員などを務めた伊藤司朗さん(75)は、何度も氾らんした内川の思い出を語りながら、「この辺りは昔、小さな集落が点在していた。まるで島がたくさんあるような感じだった。地元を愛した上野甚作さんだからこそ、古里の姿を写した名前を歌誌に使ったんだと思いますよ」と、先人の思いが受け継がれている橋名の由来を誇らしげに話していた。

 「やまがた橋物語」シリーズは、鶴岡市を流れる「内川」と「新内川」を紹介する。櫛引地域から市街地まで18.45キロにわたって流れる内川。農業用水路を渡るものから国道の一部として多くの車が行き来するもの、さらに地域や住民生活に密着したものなど大小さまざまな橋が架かる。城下町を縫うように流れ、何世代にも渡って鶴岡の人々と結び付いてきた市街地最上流部の「島影橋」から「三次郎橋」まで計22橋を下る。

2010/05/07掲載

下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から