やまがた橋物語

内川・新内川編[18]

◆満天橋(鶴岡)

満天橋(鶴岡)の写真 新しい住宅地のシンボル的な存在となっている満天橋=鶴岡市

 鶴岡市街地南東部の新興住宅地「のぞみ町」と「桜新町」を結ぶ新しく大きな「満天橋」。国道112号から市中心部に入る新たなアクセス道として、多くの車が往来する。その隣に寄り添うように古く小さな「月見橋」があり、散歩を楽しむ住民らが歩いて渡る姿が目立つ。

 「満天橋」は、遠賀原の土地区画整理事業に合わせ、区画整理エリアのほぼ中央を抜ける都市計画道路「鶴岡駅外内島線」の一部。新内川に架かる橋として、2004年10月に開通した長さ49.6メートル、幅20メートルの鋼道路橋だ。同区画整理組合理事長を務めた斎藤賢一さん(68)=のぞみ町=は「満天橋が架かる前は、この辺りはほぼ一面の田園地帯で住宅も少なく、キジもいるぐらいだった。隣の月見橋も農作業や地元の人しか通らなかった」と振り返る。

 満天橋の名称は、公募で選ばれたものだ。「月見橋の名前は、昔、田んぼばかりで明かりが少なく、この辺りは少し高台だったこともあり、見事な月が見えたから付いた。当然、満天の星空も見ることができた。だからこの名前を選んだ。いい名前だよ」と斎藤さんはうれしそうに話す。

 満天橋には、斎藤さんが言うように“満天の星空”をイメージさせるモニュメントが施されている。橋の四隅には御影石の親柱があり、「しし座」「はくちょう座」「カシオペヤ座」「オリオン座」の星座が彫り込まれている。知る人ぞ知る存在だ。周辺は交通の便が良く、学校や市中心部にも近いことから、今や人気の住宅地に。「満天橋ができて、すっかり様変わりした。20年前には考えられなかったよ」と斎藤さんは笑う。

2010/06/01掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から