やまがた橋物語

吉野川前編[13]

◆雨留井戸橋(南陽)

雨留井戸橋(南陽)の写真 かつて集落にあったわき水「雨留井戸」が名前の基になった雨留井戸橋=南陽市太郎

 太郎集落に差しかかると、吉野川は左に急カーブする。その上をまたぐ旧県道山形南陽線(現在は市道)にあるのが雨留井戸橋だ。1935(昭和10年)完成のコンクリート橋で、長さ13.2メートル、幅4.6メートル。長い年月風雨に耐えた姿は風格さえ感じさせる。

 雨留井戸の由来について「かつては雨留井戸と呼ばれる水場があった」と語るのは吉野文化史研究会元会長の川合芳吉さん(88)。大雨が降っても濁らないきれいな井戸で、川合さんが小学生の頃、よくくみに行かされたと笑う。読み方は「うるいど」。橋名板に「あめと□□□し」(□は欠落、いどば?)とあることを伝えると「当時のお役所の間違い」と教えてくれた。

 雨留井戸橋のすぐ上流に、山形南陽線改良工事で新たに建設された明神橋(83年完成)がある。名前の由来は隣接している神社「明神様」。昔は氾濫することの多かった吉野川が流れの方向を変える位置に鎮座し、集落の守り神として住民の心を一つにする役割を担っていたという。

 北の山形方面へ、南の宮内方面へと車が通り抜ける明神橋の傍ら、雨留井戸橋周辺にはゆっくりとした時間が流れている。

2011/09/19掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から