やまがた橋物語

吉野川前編[5]

◆観楽橋(南陽)

観楽橋(南陽)の写真 禅正院(右)や小滝小(左奥)へと導く観楽橋。古来多くの人が行き交った=南陽市小滝

 吉野川の流れが小滝集落内に入ると左岸に禅正院、小滝小学校が見えてくる。旧小滝街道筋から、寺と小学校に向かって東に延びる市道小滝最上坂線がまたぐのが観楽橋だ。

 「人が集まる、見晴らしの優れた所との意味から、観楽の名が付いたのではないか」と語るのは禅正院住職の布川道輝さん(76)。東側の高台にある八雲神社は桜や紅葉が美しい公園として親しまれ、近くには禅正院の墓地があることから、多くの地域住民が寺へ、墓参へ、公園へとこの橋を渡ったという。

 橋の上からは白鷹山が遠望でき、今は失われたが明治時代までは上流に音羽滝があったという。小滝の地名の由来とされる九つの滝の一つで、音羽という絶世の美女にまつわる伝説も残る。現在の橋は1966(昭和41)年の完成で、長さ9.5メートル、幅4.1メートル。

 近代的な建物で目を引く小滝小は1873(明治6)年、禅正院内に郷校小滝学校が設立されたのが始まりで、130年以上の歴史を刻む。観楽橋は昔から子どもたちの通学路でもあった。上流の川向橋も暮らしに欠かせない橋で、長さ13.1メートル、幅3.1メートル。完成年は記録に残っていない。

2011/09/09掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から