やまがた橋物語

吉野川前編[6]

◆坊ケ里橋(南陽)

坊ケ里橋(南陽)の写真 宮内方面から小滝集落への玄関口となっている(新)坊ケ里橋。右奥が(旧)坊ケ里橋だが、今は名前などのプレートはなくなっている=南陽市小滝

 県道山形南陽線と小滝集落のアクセス橋として二つの坊ケ里橋がある。上流が(新)坊ケ里橋で1981(昭和56)年完成(長さ19.5メートル、幅7.5メートル)。やや下流にあるのが旧道時代の橋が後に掛け替えられた(旧)坊ケ里橋で2003年完成(長さ10.9メートル、幅4.5メートル)。完成年が新旧逆転しているのが面白い。

 名前の由来は地名だが、「坊ケ里」には地域の歴史が隠れている。白鷹山頂に鎮座する虚空蔵堂の別当大蔵寺(白鷹町滝野)が、当初建立されたのが小滝。その遺跡は不明だが、白鷹山の由緒について記した古文書に「大蔵寺屋敷と申すはただ今は別当屋敷上坊之在家」とあり、この坊之在家が坊ケ里と思われると南陽市吉野文化史研究会は「すこし昔のくらし」の中で指摘している。

 現在、(新)坊ケ里橋近くに花壇が整備され、サルビアなどの花々が彩りを添える。「この橋は地区の玄関口で、子供たちの通学路ともなっている。児童、住民ら総出で植栽、手入れをしています」と小滝地区子供育成会会長の江口正則さん(48)は語った。

 2橋のやや上流に朱山口橋がある。かつての朱山鉱山への入り口で、これもまた歴史の証言者だ。

2011/09/10掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から