やまがた橋物語

吉野川前編[9]

◆酒町橋(南陽)

酒町橋(南陽)の写真 酒町の集落を迂回(うかい)して走っている県道山形南陽線の酒町橋。左に見えるのが神明橋=南陽市荻

 吉野地区(小滝、荻、下荻、太郎)には古来、数多くの鉱山が盛衰を繰り返した。南陽市史によると荻の金松平は坑内員であふれ「谷地小屋千軒」と呼ばれる長屋が立ち並んだ。酒屋や飲食店でにぎわったことから酒町の名が付いたという。

 この地は山形へ通じる小滝街道の要衝にあった。1660年頃、米沢藩は若井、塩田ら足軽士族を配して目を光らせたという。「酒町七人の侍」と呼ばれ、現在もその子孫が暮らしている。

 酒町橋は県道山形南陽線のバイパス化で新たに建設されたもので、長さ17メートル、幅8.5メートル。1976(昭和51)年に完成した。すぐ近くに山形南陽線から東の山中へ向かう市道黒森山線の橋で吉野川を大きくまたぐ神明橋(82年完成、長さ51.9メートル、幅5メートル)が、集落内には下酒町橋(完成年不明)がある。

 神明橋近くに鎮座する酒町神明神社の例祭が11日に行われた。地元住民が健康を祈願。持ち寄った料理を囲んでの芋煮会は笑顔であふれた。若井不二男さん(76)は「ここは昔から信仰の厚い土地柄なんです」。吉野地域振興会が設置した神社の説明板には「金山の安全を守っていただこうと金山六右衛門が建てたという」とあった。

2011/09/15掲載

上流へ下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から