やまがた橋物語

吉野川後編[1]

◆寺橋(南陽)

寺橋(南陽)の写真 快晴の秋空に映える寺橋。後方の山の中腹に東禅院の伽藍(がらん)が見える=南陽市金山

 「やまがた橋物語」シリーズは「吉野川」の後編に入る。中流域の南陽市金山から最上川に合流する高畠町夏茂までの橋のうち、13橋を中心に紹介する。

 旧県道山形南陽線から石の門柱の立つ細い道へと入ると、赤い鉄製のつり橋「寺橋」が現れる。鮮やかな紅葉の山腹にある曹洞宗「東禅院」へ続く道だ。長さ36.3メートル、幅2メートルで歩行者専用。1967(昭和42)年に完成した。両岸の計4カ所に約2.5メートル四方のコンクリート製アンカーが据えられ、太いワイヤが橋を支えている。

 東禅院の栗原晴峰住職(64)らによると、つり橋以前の木製の橋は吉野川の氾濫で度々流失した。檀家(だんか)からの架け替え資金のお布施を町村合併前の宮内町に寄付し、建設されたのがこの橋だ。当時は珍しく、はしゃぎながら渡る子どもたちの姿が見られたという。

 近くの中北集落にはコンクリート製の中北橋(74年完成、長さ35メートル、幅4メートル)がある。地域住民の生活に欠かせない橋で、東禅院を車で訪れる人は迂回(うかい)路として利用する。

 中北集落周辺には昔、対岸の畑地などへ渡るため個人で架けた橋が3本あったという。流されることが多く、やがて住民が共同で橋を造るようになり、現在は市が整備したこの橋1本だけとなっている。さらに上流の片岡には、中北橋と同時期の片岡橋(73年完成、長さ35メートル、幅4メートル)がある。

2011/11/07掲載

下流へ
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から