談話室

▼▽国会議員のホンネはどこにあるのだろう。月額129万4千円もらえるものが、今は103万5千円に2割カットされている。給与に当たる歳費の削減措置だ。与野党協議の行方次第で、来月から満額支給に戻される。

▼▽歳費削減は、東日本大震災の復興に向けた財源確保と、議員定数の削減など国会の抜本改革を実現するまでの代替措置だ。ところが自民党の石破茂幹事長は「議員が生活に困窮するのはいかがなものか」と述べ、月末での削減打ち切りを示唆するかのような発言をしている。

▼▽なじみのセンセイに聞いてみた。開口一番「なんでこんなに金がないんだろうって思うよ」。党本部に◎万円、派閥に×万円、議員連盟に△万円、ほかにも秘書会や事務所経費の穴埋め…。「新人議員なら、天引き阻止ならぬ歳費削減反対議員連盟でも作りたい心境だろう」

▼▽もちろん、その説明で納得は得られまい。「国民には負担を強いて、自ら身を切る覚悟がないのか」と小紙にも厳しい声が寄せられている。消費税増税から1カ月の時に「議員の給与が元通りでは約束が違う」と言うのも分かる。政治は信頼が命だ。与野党の英断を見たい。

(2014/04/21付)
最新7日分を掲載します。
  • 4月21日
  • ▼▽国会議員のホンネはどこにあるのだろう。月額129万4千円もらえるものが、今は103万5千円に2割カットされている。給与に当たる歳費の削減措置だ。与野党協議の行方次第で、来月から満額支給に戻される。[全文を読む]

  • 4月20日
  • ▼▽「海は月より遠し」という言葉がある。米国が月に宇宙飛行士を送ったのは周知の事実。しかし、海は中国の有人調査船が水深6671メートルを達成したのがやっとだ。水圧などが障壁となり“未開の領域”となっている。 [全文を読む]

  • 4月19日
  • ▼▽「花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに」(小野小町)。桜前線が今、県内を通過している。鶴岡や酒田、山形などでは満開となり、この週末は花見客でにぎわいそうだ。まさに春爛漫(らんまん)を迎えた。 [全文を読む]

  • 4月18日
  • ▼▽数々の歌謡曲を生み出した作詞・作曲の故中山大三郎さんに韓国を舞台にした曲がある。18年前、天童よしみさんがマイクを握ってヒットした「珍島(チンド)物語」。サビの部分で霊登(ヨンドン)サリの~願いはひとつ~と歌い上げる。 [全文を読む]

  • 4月17日
  • ▼▽「一山(いつさん)の笑ひはじめの水の音」(兒玉(こだま)南草)。「山笑う」は、冬の「山眠る」に対する春の季語。一口で言えば春山で、草木が芽吹いて明るくなる感じをいう。中国の漢詩「春山淡冶(たんや)にして笑うが如(ごと)く」から生まれた。 [全文を読む]

  • 4月16日
  • ▼▽雪国の本県にも、爛漫(らんまん)の春が巡ってきた。群青の空を背景に残雪の山々が陽光に輝き、白い稜線が(りょうせん)まぶしい。ポカポカ陽気が続いて桜の開花も各地で進み、鶴岡では五分咲きに。春風が県土を薄桃色に染め上げていく。[全文を読む]

  • 4月15日
  • ▼▽動きのあるさまざまなものの「速さ」を比較した雑学的な資料がある。およその値で、人の爪と髪の毛を比べると、髪の方が伸びが3倍ほど速い。人の平均的な歩く速さは時速約4キロ。いずれも“ゆっくり”の代表格だ。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞、事前申し込み開始】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月にスタートする予定です。ご利用の事前申し込みを開始しました。詳しくは、こちらから。
  2. 【人事情報コンテンツ】
     携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」では、人事特集コンテンツを設け、県職員、県教職員の異動名簿を掲載しています。役職や姓名の一部などのキーワードを入力するだけで検索できる便利な機能を設けています。どうぞご活用ください。
    携帯・スマートフォンサイトへのアクセス方法は、こちら
  3. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  4. 【やまがたの野鳥を聞く】
     インターネットと紙面が連動し、野鳥の鳴き声を文字と音で紹介する企画「やまがたの野鳥を聞く」。本紙の記事を読んで、ホームページにアクセスすると、県内に生息する鳥たちのさまざまな鳴き声を耳にすることができます。ログインはこちら。また、携帯・スマートフォンの有料ページにも同様のコンテンツがあります。携帯・スマートフォンサイトへのアクセス方法は、こちら
  5. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  6. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  7. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  8. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  9. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から