談話室

▼▽船頭多くして船、山に上る―の故事がある。指図する人ばかり多くて統率がとれず物事があらぬ方に進んでしまう。建設計画が白紙に戻った新国立競技場の問題。何人も関わりながら、統括責任者は不在だったようだ。

▼▽この問題での主な発言を拾ってみると―。「(撤回の責任について)私には関係ない」(元首相)「頼まれたのはデザイン案の選定まで」(建築家)「新国立競技場を間に合わせる仕組み作りが私の責任だ」(文科相)。私がOKを出しました、という人物は見当たらない。

▼▽そんな中、ある文科省職員の人事が目を引いている。競技場建設の担当者だった58歳局長氏の辞職。「後進に道を譲るという意味での勇退だ」と大臣はのたまうが、計画の迷走、大幅に膨張した総工費、白紙撤回―、一連のドタバタに伴う事実上の更迭ではとみられている。

▼▽新国立の問題は今後、第三者機関で経緯を検証するという。担当の幹部が退いて真相に迫れるの? 仕切り直しの整備計画は遠藤利明五輪相がまとめ役になる。手腕に期待だ。それにしても過去を検証し、教訓を生かすことが必要だ。もう二度と「山」に上ってはいけない。

(2015/07/29付)
最新7日分を掲載します。
  • 7月29日
  • ▼▽船頭多くして船、山に上る―の故事がある。指図する人ばかり多くて統率がとれず物事があらぬ方に進んでしまう。建設計画が白紙に戻った新国立競技場の問題。何人も関わりながら、統括責任者は不在だったようだ。 [全文を読む]

  • 7月28日
  • ▼▽東北南部が梅雨明けしたおとといの午後、庄内から山形方面に向かう月山道路は混雑していた。夏休みに入って初の日曜日。行楽帰りも多かったのだろう。前を走る車の後ろの窓越しに子供たちと水中メガネが見えた。[全文を読む]

  • 7月27日
  • ▼▽「電信隊浄水池女子大学刑務所射撃場塹壕赤羽の鉄橋隅田川品川湾」。86年前、初飛行を経験した上山市出身の歌人斎藤茂吉は、空からの東京を歌にした。目に飛び込んでくる圧倒的な情報が、漢字の羅列に繋(つな)がった。 [全文を読む]

  • 7月26日
  • ▼▽日傘やストール、つばの広い帽子に腕カバー。それらで〈対策〉を講じた姿を街角で見掛ける機会が増えた。お肌の大敵である日焼けの防止つまり「紫外線」対策である。UVカットをうたった関連グッズも花盛りだ。[全文を読む]

  • 7月25日
  • ▼▽水入りがどう影響するのか。雨天順延で迎えた一戦は5回表2死、走者2人を置き雨が激しくグラウンドを叩(たた)きつける。羽黒と鶴岡東の夏の高校野球山形大会決勝。試合を止め再順延を決めた審判団に敬意を表したい。[全文を読む]

  • 7月24日
  • ▼▽幇間(ほうかん)と呼ばれる芸人がいる。踊り、小噺(こばなし)、三味線、声帯模写などさまざまな芸を披露しながらお座敷を盛り上げる。別名たいこ持ち。戦前は全国に500人近く、ロシア人幇間もいたというが、今ではわずか数人とか。 [全文を読む]

  • 7月23日
  • ▼▽「荒海や佐渡に横たふ天の川」。芭蕉は1689(元禄2)年に奥の細道紀行で本県を訪れた後、鼠ケ関から新潟県に入った。冒頭の句は出雲崎で詠んだとされ、佐渡と天の川の位置関係から実景ではなく心象風景か。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  2. 【モンテにメッセージ届けよう】
     今季から新たに、チームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  3. 【2015年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2015年の8大事業が決まりました。さわやかグラウンドゴルフ県大会ミラノ万博視察団派遣やまがた太鼓の祭典。山形美術館では髙山辰雄「聖家族」と日本画五山展の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。詳しくは、こちらから
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から