談話室

▼▽「…夢見る力/信じる勇気/湧きだす泉が/きらめくように/知恵の学びを/広げていこう…」。4月に開校となる新庄市の小中一貫教育校「萩野学園」の校歌の一節だ。萩野、泉田、昭和の3小と萩野中が統合する。

▼▽小学校の算数で定規や分度器を使い計っていたのが、中学校の数学になった途端、負の数やxyの文字がやって来て急に具体物が見えなくなった。そこには明確な一線があって、発想の転換が不可欠だった。もしもあの時の先生がいなかったらと、時々思い出すことがある。

▼▽義務教育の9年間を6年・3年にとらわれず、4・3・2や5・4で柔軟に教える小中一貫校が制度化される。文部科学省は2016年度からの正式導入を目指すが、全国の1100校余りが国の特例措置で実践に踏みだしている。萩野学園は本県の先駆けとして挑戦する。

▼▽不登校などへの対応はますます難しくなっている。連携制度化の狙いは環境になじめずに苦しむ「中1ギャップ」の解消だ。最大の利点は、小中が毎日そばで見せ合えること。いったい何がどう変化するのか。「知恵の学びを広げていこう」。冒頭の校歌が言い当てている。

(2015/03/01付)
最新7日分を掲載します。
  • 3月1日
  • ▼▽「…夢見る力/信じる勇気/湧きだす泉が/きらめくように/知恵の学びを/広げていこう…」。4月に開校となる新庄市の小中一貫教育校「萩野学園」の校歌の一節だ。萩野、泉田、昭和の3小と萩野中が統合する。[全文を読む]

  • 2月28日
  • ▼▽終戦後の淡路島で野球少年らの日々を描いた映画「瀬戸内少年野球団」に、島を離れる友達との別れのシーンがある。港で少年が大声で「かえり船」(田端義夫)を歌って船を見送る。友情と切なさが胸に迫る場面だ。 [全文を読む]

  • 2月27日
  • ▼▽歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが勘九郎の時代、高座に上がったこと、いや、正確には無理やり上げられたことがある。落語家の立川談志さんと飲んでいて「明日、オレのかわりにやってよ」。お願いが命令に変わった。 [全文を読む]

  • 2月26日
  • ▼▽灯油の買い出しはもっぱらセルフスタンドで、この冬「毎週日曜」が定着した。最近、その頻度が気温の上昇とともに少し減ってきたなと思ったら、逆に増えてきたのが「もう飛んでるんじゃないの?」。花粉の話だ。[全文を読む]

  • 2月25日
  • ▼▽〈がんばれば がんばったほど 仕事ふえ〉―。恒例「サラリーマン川柳」の入選作100句を一昨日、第一生命保険が発表した。〈部長より 遠くが埋まる 飲みの席〉。ユーモアや悲哀に満ちた作品が世相を映す。 [全文を読む]

  • 2月24日
  • ▼▽「卒業式いつ?」「25日の水曜日」「なんだ、もうすぐじゃないか」「えっ、来月ですよ、気が早いなー。まだ先」。うるう年以外は2月と3月の日にちと曜日が一緒に並ぶ。他愛(たわい)ない話に間もなく訪れる旅立ちの日。 [全文を読む]

  • 2月23日
  • ▼▽移り住むとしたら、何県がいい? 東京で“田舎暮らし”に関心のある人に対して行ったアンケートがある。移住希望地域ランキング。2014年の結果が公表された。ベスト3は(1)山梨(2)長野(3)岡山。では山形県は?[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2015年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2015年の8大事業が決まりました。さわやかグラウンドゴルフ県大会ミラノ万博視察団派遣やまがた太鼓の祭典。山形美術館では髙山辰雄「聖家族」と日本画五山展の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。詳しくは、こちらから
  2. 【やましんe聞】
     電子版「やましんe聞(イーブン)」は紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める読者限定の無料サービスです。詳しくは、こちらから。
  3. 天気情報をリニューアル
     ホームページと携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」で提供している天気情報を拡充し、見やすくリニューアルしました。天気情報は無料でご覧になれます。便利になった天気コンテンツを毎日の暮らしにご活用ください。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から