談話室

▼▽週初め、山形市の蔵王温泉からドッコ沼を巡り、紅葉を楽しんできた。標高1300メートル近い沼の辺りは肌寒く葉はだいぶ落ちていたが、温泉に下るに従って、褐色、黄、赤と一面に淡く底光りした山肌に包まれていく。

▼▽本日付の地域面は、県内各地の旬を撮影した「紅葉パノラマ4重連」。米沢市の西吾妻スカイバレー、山形市の悠創の丘、西川町の地蔵沼、遊佐町の鳥海ブルーラインを横いっぱいのワイド写真で紹介した。水面(みなも)に映えるブナ林、もみじ越しの街並みなどそれぞれ印象深い。

▼▽秋を司(つかさど)る竜田姫は、紅葉とゆかりが深い。奈良県の山に鎮座し、姫が袖を振ると野山が色づいてゆくのだとか。染色や織物の名手とも。この名を冠したのが百人一首の「ちはやぶる神代も聞かず竜田川から紅に水くくるとは」。葉が散って、川を深い赤に染める様子を詠(うた)う。

▼▽ドッコ沼は、すんでいた竜を水神として祭る。150年余り前には、噴火活動の沈静化と雨乞いのため村人が石碑を建立、静かな山に戻ったという。彩(あや)なす蔵王では、御釜で再び白濁が確認されている。自然の力を前に、竜田姫だけでなくドッコ沼の竜にも頭(こうべ)を垂れてみた。

(2014/10/22付)
最新7日分を掲載します。
  • 10月22日
  • ▼▽週初め、山形市の蔵王温泉からドッコ沼を巡り、紅葉を楽しんできた。標高1300メートル近い沼の辺りは肌寒く葉はだいぶ落ちていたが、温泉に下るに従って、褐色、黄、赤と一面に淡く底光りした山肌に包まれていく。[全文を読む]

  • 10月21日
  • ▼▽小渕恵三元首相は自らを「ビルの谷間のラーメン屋」と評して笑わせたそうだ。中選挙区時代の旧群馬3区で中曽根康弘、福田赳夫(たけお)の“両巨頭”に挟まれ、戦ってきたころの苦労を物語る。優子氏はその地盤を継いだ。[全文を読む]

  • 10月20日
  • ▼▽「小路(こうじ)」で辞書を引くと「小さい道、大通りから入り込んだ狭い道、《こみち》の転か-」とある。札幌の「狸小路」は大商店街で、京都の「花見小路通」は祇園のメーンストリートだが、そこは本物の小路が舞台だ。[全文を読む]

  • 10月19日
  • ▼▽浜田省吾さんの「悲しみは雪のように」。以前テレビドラマの主題歌にもなったヒット曲だ。モチーフになったのは、酒田市出身の詩人吉野弘さんの「雪の日に」。市立資料館で開催中の追悼展を見て、初めて知った。 [全文を読む]

  • 10月18日
  • ▼▽「生たまご」は「生卵」だけど「たまご丼」は「玉子丼」だよなー。じゃあ「ゆでたまご」は卵と玉子のどっちだよ。たわいない居酒屋ネタで盛り上がり、続いて出た晩餐(ばんさん)がご当地グルメ「B―1グランプリ」だった。 [全文を読む]

  • 10月17日
  • ▼▽日本のサッカー大会には山の頂上のような三つの“高み”がある。J1リーグ優勝とJ1チームが争うヤマザキナビスコ杯、そして天皇杯の三大タイトルだ。その一つの頂にモンテディオ山形がひたひたと迫っている。 [全文を読む]

  • 10月16日
  • ▼▽10月も半ばとなった。すがすがしい風が街中を吹き抜け、紺碧(こんぺき)の空が周囲の山々をくっきりと縁取っている。見上げれば高層雲が白いレース模様を描き、リンゴの木は薄紅の(うすくれない)実を輝かせている。澄み渡る秋を実感する。 [全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞スタート】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月16日にスタートしました。詳しくは、こちらから。
  2. 天気情報をリニューアル
     ホームページと携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」で提供している天気情報を拡充し、見やすくリニューアルしました。天気情報は無料でご覧になれます。便利になった天気コンテンツを毎日の暮らしにご活用ください。
  3. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から