談話室

▼▽夏のフランスを賑(にぎ)わす自転車レース「ツール・ド・フランス」は3週間に及ぶ長丁場。合計タイムで首位の選手はマイヨ・ジョーヌと呼ばれる黄色のウエアで疾走する。強者の象徴であり観客らの憧れの対象でもある。

▼▽冬を迎えたかの国では、燃料税の引き上げなどへの抗議に端を発した政権批判デモが続いている。運動のシンボルとして参加者が身に着けるのはマイヨならぬジレ・ジョーヌ。路上で作業する際に安全を確保するために着用する黄色いベストで、経済的な弱者を連想させる。

▼▽大規模かつ長期化するデモの成果と言えるだろう。マクロン大統領は燃料税引き上げ時期の延期に続き、公費負担での最低賃金引き上げなど家計支援策を発表した。参加者の怒りについて「多くの点で正当と感じる」と認めた上での対応だが、人々の不満が収まるかどうか。

▼▽鶴岡市出身の英語学者故渡部昇一さんによれば、デモ(デモンストレーション)は怪物や凶兆を意味するモンスターと同根語という。パリではデモ隊の一部が放火や略奪行為に及んだ。黄色いベストが暴徒の象徴となれば政権を利するだけ。その結末は望む参加者はいまい。

(2018/12/12付)
最新7日分を掲載します。
  • 12月12日
  • ▼▽夏のフランスを賑(にぎ)わす自転車レース「ツール・ド・フランス」は3週間に及ぶ長丁場。合計タイムで首位の選手はマイヨ・ジョーヌと呼ばれる黄色のウエアで疾走する。強者の象徴であり観客らの憧れの対象でもある。 [全文を読む]

  • 12月11日
  • ▼▽雪が好きな詩人だったと家族は振り返る。亡くなった4年前の1月、温暖な気候で知られる終(しゅう)焉(えん)の地・静岡県富士市に雪がちらついた。葬儀の日、関東地方は大雪に見舞われた。酒田市出身の吉野弘さんのことである。 [全文を読む]

  • 12月9日
  • ▼▽週間天気予報が雪だるまでほぼ埋まった。冬型の気圧配置となり、一部の地域では大雪の気配。車の運転など生活を本格的に冬仕様に切り替えなければならない。変化は食卓にも表れよう。「ひっぱり」の季節到来だ。 [全文を読む]

  • 12月8日
  • ▼▽今年夏、中国・上海の空港で顔認証による入国審査を受けた。カメラの前に立たされ、モニターに顔が映る。その画像がパスポートの写真と相違ないか機械が識別する。こうした顔のデータ解析は日本でも進んでいる。[全文を読む]

  • 12月7日
  • ▼▽さっぱりとした酸味がいい。松山空港のオレンジバーは蛇口からみかんジュースを提供する。昨年から常設し特産のかんきつ類の魅力を発信する。「蛇口からジュースが出る」という都市伝説を実現させて関心を呼ぶ。 [全文を読む]

  • 12月6日
  • ▼▽昔は金井駅といった。山形市の南部。東には蔵王の山々がそびえる。温泉の湯治客や登山者が多く降り立ったという。日本観光地百選山岳の部で蔵王が全国1位になったのを機に1951(昭和26)年、駅名を改めた。[全文を読む]

  • 12月5日
  • ▼▽山村の小さな日帰り温泉でのこと。十分に温まり脱衣所で体を拭いていると、2人の幼子が父親に連れられて入ってきた。女性用脱衣所からの「ととの言うこと聞いてね」は母親だろう。上の子が元気に返事していた。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から