談話室

▼▽のれんが連なる横町の酒場であろう。フォークシンガーでタレントのなぎら健壱(けんいち)さんは東京・勝どきの初めての一軒で一杯飲(や)った。程なくして外に設(しつら)えてある共同トイレで用を済ませて店に戻ると「ビールもう1本」。

▼▽「いらっしゃいませ」。店主の声で異変に気付く。隣の店と分かったが、栓が抜かれたビールが目の前に。勘定の段になって財布がない。「ちょっとトイレへ」と席を立つ。最初の店に戻ると店主は「長いトイレでしたね」。何食わぬ顔で財布を手にすると改めて隣の店へ。

▼▽顔を知られた立場故に身を処し難かった「ハシゴ酒」をなぎらさんはエッセー集「酒(しゅ)にまじわれば」に綴(つづ)る。こんな苦い思いは微塵(みじん)も感じることなく、左党は存分に楽しんだに違いない。山形市七日町一帯で20日に開催され、30回目を迎えたドリンクテーリング大会である。

▼▽元祖とは誉れ高い。全国サミットが山形市で開かれた。山形発祥のはしご酒大会が各地で街と酒場ににぎわいを与える。しみじみと酒を味わうのにいい季節になった。きょうは仕事を早く切り上げて夜の街に出てみようか。だが、意中の店だけは間違えないようにしないと。

(2017/09/22付)
最新7日分を掲載します。
  • 9月22日
  • ▼▽のれんが連なる横町の酒場であろう。フォークシンガーでタレントのなぎら健壱(けんいち)さんは東京・勝どきの初めての一軒で一杯飲(や)った。程なくして外に設(しつら)えてある共同トイレで用を済ませて店に戻ると「ビールもう1本」。 [全文を読む]

  • 9月21日
  • ▼▽夫を戦争で亡くし、宝くじ売りをしている女性が偶然100万円当せんの宝くじを拾い、正直に届け出た。しかし、宝くじ法と遺失物法との兼ね合いで当せん金を受け取れない。新聞で知った春日一幸さんは憤慨した。 [全文を読む]

  • 9月20日
  • ▼▽映画「男はつらいよ」で主人公の寅次郎は日本各地を訪ねる。その旅先でロマンスが発展し…が定番だが、中には画面に登場しないヒロインもいる。第16作「葛飾立志篇(へん)」のお雪さんがそうだ。寅が思い出を語るだけ。[全文を読む]

  • 9月19日
  • ▼▽先日の本紙「やましんサロン」に山形大付属中の生徒たちが投書を寄せていた。イスラム教徒の留学生を招いた授業の感想を綴(つづ)る。新鮮な驚きからイスラムに対する理解を深め、考えを巡らせた過程が文章から伝わる。 [全文を読む]

  • 9月18日
  • ▼▽最後は降りしきる雨に見送られた。山形市の馬見ケ崎川河川敷で開かれた「日本一の芋煮会フェスティバル」で25年間の役目を終え引退した大鍋「2代目鍋太郎」である。通算80万食を提供しファンの胃袋を満たした。[全文を読む]

  • 9月17日
  • ▼▽保険加入の義務がなかった頃、米国で受けた小噺(こばなし)がある。「かかりつけのドクターはとてもいい人でね。手術が必要でも患者が費用をどうしても払えない場合、逆にエックス線写真の方をきれいに修整してくれるんだ」[全文を読む]

  • 9月16日
  • ▼▽厄介者を相手に、今度は小型無人機ドローンとスピーカーが登場した。山形市のカラス対策実証実験である。市街地に群れなすカラスをタカの鳴き声で追い払い、仲間の声でねぐらに誘導する「声色作戦」が行われた。[全文を読む]

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から