動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 |
汗光らせ、ぐんぐん前へ (2018年07月14日UP)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第10週の14日、庄内町立川小(中野智嘉校長)の4~6年生22人が町内の立谷沢川合流点から庄内橋までの区間を担当した。最上川さみだれ大堰(おおぜき)の見学やゲストティーチャーの講話を通し、農業用水など米どころには欠かせない最上川の重要性を再認識。母なる川への愛着を深めた。

町産の木材使った楽器で全国へ (2018年07月14日UP)
 最上町赤倉小(京野亮校長)の5、6年生10人が本年度、町産の木材を使った楽器の演奏に取り組んでおり、全国の小規模小学校を対象にした「小さな音楽会コンクール」への出場も決めた。「古里の音を響かせるぞ」と練習に熱が入っている。

収穫した紅花手にパレード (2018年07月13日UP)
 東根中部小(小野寺輝彦校長)の4年生87人が13日、東根市中央西の畑で栽培に取り組んできた紅花の刈り取り作業を体験し、収穫した紅花を手に同校までパレードを繰り広げた。

大学生が高畠を歩き、魅力語る (2018年07月12日UP)
 おきたま元気創造ラボ(おきラボ)が企画した「地域の魅力再発見!大学生まち歩きin高畠町」が8日、同町で繰り広げられた。県内の大学生が町内を散策しながら心引かれた場面をカメラで撮影。持ち寄った写真を題材に各地域の魅力を語り合い、地元への愛着や誇りを育んだ。

特殊台車使い、慎重に作業 (2018年07月10日UP)
 東北中央自動車道の南陽高畠-山形上山(延長24.4キロ)の建設に伴い、高畠町深沼で9日夜から10日未明にかけ、大型の特殊台車を使って橋を架ける工事が行われた。本県を縦断し、県都・山形市と福島市をつなぐ高速道路ネットワークの整備は、本年度中の供用開始を目指し大詰めを迎えている。

小国で飲食店全焼、経営者軽症 (2018年07月09日UP)
 8日午前10時45分ごろ、小国町小国小坂町の飲食店「藤よし」から出火、木造一部3階建て店舗併用住宅約573平方メートルが全焼し、経営者の佐藤博芳さん(63)が気道熱傷などで搬送された。軽症で命に別状はない。小国署と西置賜行政組合消防本部は9日、実況見分を行ったが、出火原因の特定には至らなかった。

最上峡に「ヤッホー」 (2018年07月07日UP)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第9週の7日、新庄市沼田小(高橋文子校長)の4年生19人が参加した。大蔵村の大蔵橋から庄内町の立谷沢川合流点までの区間を進み、水害から街を守る堤防の役割や、舟運の歴史に理解を深めた。

満開の紅花、摘み取りなど体験 (2018年07月07日UP)
 紅花の里として知られる山形市高瀬地区の第33回山形紅花まつりが、7日から2日間の日程で始まった。訪れた人たちが満開を迎えた紅花畑を眺めながら、摘み取りや紅花染めなどを体験して楽しんだ。

海を渡った、ウイスキー蒸留釜 (2018年07月06日UP)
 金龍(酒田市、佐々木雅晴社長)が遊佐町吉出に新設したウイスキー蒸留所に6日、単式蒸留釜「ポットスチル」が搬入された。モルトウイスキーの製造に欠かせない蒸留釜。スコットランドの世界的メーカー・フォーサイス社に特注し、先月末に酒田港から陸揚げされた。製造免許取得後、10月の蒸留開始を目指す。

水しぶき上げ、陸から湖へ! (2018年07月06日UP)
 長井市が観光用に導入を検討している水陸両用バスの試験運行が6日、市内で始まった。道の駅「川のみなと長井」発着で、長井ダム湖「ながい百秋湖」を航行するルート。参加者は陸から湖に入るスリルや爽快感を味わった。

見出しをクリックすると動画を見ることができます。動画を見るためにはWindows Media Player(無料)が必要です。このソフトウエアをお持ちでない方は下の画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
Windows Media Player