動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 |
新聞制作、驚きいっぱい (2017年07月29日UP)
 新聞づくりの現場を巡る「山形新聞夏休みミッドナイト・ツアー」が28日深夜から29日未明にかけて、山形市の山形メディアタワーと山形新聞制作センターで行われた。山形市や天童市などから小学生とその保護者12組27人が参加。編集から印刷まで朝刊発行の流れを間近で見学した。

北の違法操業、動画で鮮明に (2017年07月29日UP)
 本県の漁業者を含むイカ釣り船団が、日本海で問題となっている北朝鮮漁船の違法操業の様子を動画で撮影し、県漁業協同組合に寄せた。撮影は6月下旬で、日本の排他的経済水域(EEZ)内にある好漁場「大和堆(やまとたい)」付近。国際的に禁止されている流し網漁で次々とイカを揚げる様子や、撮影する乗組員が不安を吐露する声も記録されている。県漁協は31日、国に取り締まり強化を訴える要望書を提出する。

吾妻連峰の夏~縦走を振り返って (2017年07月28日UP)
 山形新聞の登山パーティーが23~27日の5日間、本県と福島県の県境にまたがる吾妻連峰を縦走した。山肌がむき出しの荒々しい山容やなだらかな樹林帯、豊かな湿原、かれんな高山植物など、吾妻の山々は一行に多様な姿を見せてくれた。

酒田市の河口にゴール (2017年07月22日UP)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2017」は最終週の22日、酒田市宮野浦小(菅原充校長)の4~6年生30人がアンカーを務めた。

山形美術館で「高橋コレクション」開幕 (2017年07月22日UP)
 「日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017」(山形新聞、山形放送、山形美術館、県主催)が22日、山形市の同美術館で開幕した。山形新聞、山形放送8大事業の一つ。日本を代表する草間弥生さんや奈良美智(よしとも)さん、村上隆さんのほか、山形ゆかりのアーティストらによるエネルギーと感性あふれる絵画、写真、立体作品が、来場者の目を引きつけている。

見て納得、真夜中の新聞づくり (2017年07月22日UP)
 真夜中まで続く新聞づくりの現場を親子で見学する「山形新聞夏休みミッドナイト・ツアー」が21日深夜から22日未明にかけて行われた。山形市、酒田市、寒河江市などから参加した15組37人が山形市の山形メディアタワーと山形新聞制作センターを巡り、朝刊が発行されるまでの仕事に触れた。

中学生がドローンを操作 (2017年07月21日UP)
 建設業界で導入が進む情報通信技術(ICT)を活用した工事の学習会が21日、山形市中野目の須川の河道掘削現場で開かれ、山辺町作谷沢中(草刈竹司校長)の全校生徒11人がドローン(小型無人機)の操作などを体験した。

ひまわり迷路オープン、子どもたち大はしゃぎ (2017年07月20日UP)
 天童市の「ひまわり迷路」が見頃を迎え、20日にオープンした。太陽に向かってすくすくと咲いた園内で、子どもたちの元気な歓声が上がった。

花笠まつりムード盛り上げ イルミネーション点灯式 (2017年07月18日UP)
 第55回山形花笠まつり(8月5~7日)を前にイルミネーションアーチの点灯式が18日、山形市役所前で行われた。まつりの踊り手や紅花、サクランボなど山形ならではの華やかな電飾が夏祭りのムードを盛り上げている。

大堰の役割、見て納得 (2017年07月15日UP)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2017」は第10週の15日、庄内町余目四小(斎藤祐子校長)の6年生20人が、同町の立谷沢川合流点から庄内橋までの区間を歩いた。強い陽光に体力を奪われながらも、一つ一つの施設を熱心に見学。目の前に広がる水田にも最上川の水が活用されていることを学び、深いつながりを実感することができた。

見出しをクリックすると動画を見ることができます。動画を見るためにはWindows Media Player(無料)が必要です。このソフトウエアをお持ちでない方は下の画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
Windows Media Player