動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 |
東根で「大けやき横綱パレード」と「欅曳」 (2015年04月29日UP)
 東根市東根小にある国指定特別天然記念物の大ケヤキに巨大横綱を飾る「大けやき横綱パレード」と、大ケヤキの折れ枝を台車に載せて練り歩く「欅曳(けやきびき)」が29日、同市東根地区で繰り広げられた。

米沢春の風物詩「上杉まつり」開幕 (2015年04月29日UP)
 米沢市の春の風物詩「米沢上杉まつり」が29日、開幕した。初日は、伝国の杜でのオープニングセレモニーに続き、市内の通りで民踊流しが行われた。

南陽・東置賜が総合4連覇 県縦断駅伝、2年連続の完全優勝 (2015年04月29日UP)
 第60回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)最終日は29日、8区間(長井-山形間)でレースを行い、南陽・東置賜が4時間13分51秒で制した。3日連続で頂点に立ち、2年連続の完全優勝で総合4連覇を果たした。総合タイムは16時間28分32秒だった。上山からの最終29区は、今夏の世界選手権男子マラソン日本代表の今井正人(トヨタ自動車九州)が招待選手として参加。14.2キロをトップで走り、沿道の駅伝ファンを沸かせた。

県縦断駅伝第2日、南陽・東置賜が制す (2015年04月28日UP)
 第60回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)第2日は28日、10区間(新庄-長井間)の111.7キロでレースを行った。第1日優勝の南陽・東置賜が6時間4分46秒でこの日も頂点に立ち、総合4連覇に向けて一歩前進した。2位は前日に続いて北村山、3位に中盤で順位を上げた山形が入った。

県内で火災相次ぐ (2015年04月27日UP)
 晴天が続き、空気が乾燥している県内で27日、建物火災や野火が相次いだ。鶴岡市では住宅や倉庫など3棟が全焼、山形など2市町では野火3件が発生した。県によると、4月中に発生した火災は26日現在、32件。直近の1週間で起きた野火、林野火災が10件を超えたとして、県は同日、初の「多発警報」を出した。県や山形地方気象台は「県内は非常に乾燥した状態。火の取り扱いは十分注意してほしい」と話している。

「さくらんぼ体操」お披露目会 (2015年04月27日UP)
 本県特産のサクランボをPRする「さくらんぼ体操」が制作され、27日、山形市の文翔館でお披露目会が開かれた。6月20、21日に山形市をメーン会場に開催される第4回日本一さくらんぼ祭りの実行委員会の事業。歌の作詞作曲を山形市出身の歌手朝倉さやさんに、振り付けを県内のダンサーに依頼した。自然に体が動いてしまうような楽しいリズムに仕上がった。

【駅伝】南陽・東置賜が初日トップ (2015年04月27日UP)
 第60回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)第1日は27日、11区間(遊佐-新庄間)で11チームが健脚を競った。気温が上昇する中で、前回大会で総合3連覇を果たした南陽・東置賜が2区でトップに立つと独走。2位の北村山に2分46秒差をつけ4年連続の第1日優勝を飾った。

監督11人、開会式で健闘誓う 県縦断駅伝、27日号砲 (2015年04月26日UP)
 第60回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)は26日、酒田市の山新放送庄内会館で開会式を行った。レースは27日に始まり、遊佐町の月光橋をスタート。前回大会より区間が一つ増え計29、総延長は7.3キロ長い305.4キロとなり、29日まで3日間にわたって熱戦を繰り広げる。

サトイモの苗4000本、親子連れらが定植 (2015年04月25日UP)
 秋の恒例イベント「日本一の芋煮会フェスティバル」で使われるサトイモの定植作業が25日、山形市の山形国際交流プラザの西側畑で行われた。

60回目「人間将棋」、熱戦に沸く (2015年04月25日UP)
 将棋駒生産日本一を誇る天童市の春の風物詩「人間将棋」が25日、舞鶴山山頂で開幕した。今年で60回目を迎え、武者姿の駒が大盤上でしのぎを削る時代絵巻が繰り広げられた。

見出しをクリックすると動画を見ることができます。動画を見るためにはWindows Media Player(無料)が必要です。このソフトウエアをお持ちでない方は下の画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
Windows Media Player