動画ニュース

最新の動画

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 |
エンジン音と白いアーチ (2019年03月26日UP)
 4月10日の月山夏スキー場オープンに向け、西川町の姥沢駐車場で連日、除雪作業が行われている。積雪は10メートル前後あり、青空が広がった26日は純白の雪を頂いた月山や姥ケ岳を望みながら大型除雪車がエンジン音を響かせ、雪を吹き飛ばしていた。

東北中央道の東根-東根北間が開通 (2019年03月23日UP)
 東北中央自動車道の東根インターチェンジ(IC)-東根北IC間(延長4.3キロ)が23日、開通した。従来より所要時間が約5分短縮。村山地域以北の重篤患者に対する救急医療活動の迅速化、地域産業の活性化、観光振興、山形空港を拠点としたインバウンド(海外からの旅行)拡大といった効果が期待される。

全長50メートル、雛人形並ぶ (2019年03月20日UP)
 村山市の春の風物詩「段々ロングな雛まつり」が20日、市内の甑葉プラザで始まった。全長50メートルのコの字形雛壇に約6千体がずらりと並び、会場は優雅な雰囲気に包まれている。

芸工大生が黒板アート 東根・大森小 (2019年03月17日UP)
 東根市大森小で17日、卒業式を控えた6年生が登校すると、教室に「サプライズ」があった。各クラスの黒板に描かれていたのは、桜の木や東根のサクランボ、地元の大森山などをモチーフにしたアート作品。思わぬ卒業プレゼントに、子どもたちからは驚きと喜びの声が上がった。

「南陽高畠-山形上山」開通へ記念行事 (2019年03月17日UP)
 来月13日の東北中央自動車道南陽高畠-山形上山間(24.4キロ)開通を記念したプレイベントが17日、南陽市川樋の南陽パーキングエリア(PA)周辺で開かれた。春の訪れを告げるように青空が広がる中、同市に移住した県外出身カップルによる市民結婚式(記念ウエディング)など、多彩な催しが繰り広げられた。

おおくら君が次々変身 (2019年03月16日UP)
 大蔵村の冬の恒例イベント「おおくら雪ものがたり」が16日夜、肘折いでゆ館前広場で開かれ、巨大雪だるま「おおくら君25世」にプロジェクションマッピングが投影され、温泉街の夜空を彩った。

朝日町の民家に高齢夫婦遺体 (2019年03月03日UP)
 2日午前10時15分ごろ、朝日町新宿(あらじゅく)のアルバイト従業員柴田節男さん(72)方で、節男さんと妻の幸子さん(68)が別々の部屋で倒れているのを訪れた長女が見つけ、110番通報した。2人は既に亡くなっていた。寒河江署は同居する40代の長男が2人の死亡の経緯を知っているとみて事情を聴いている。

吹き飛んだふたは500キロ (2019年03月02日UP)
 上山市金谷の上山工業団地にある「山形バイオマスエネルギー」の発電施設で先月発生した爆発事故で吹き飛び、約130メートル離れた住宅を直撃した水素タンクの金属製ふたの撤去作業が2日、大型重機を使い行われた。事故発生から3週間以上が経過。設計・施工を担当した「テスナエナジー」(東京都)への取材で、ふたの重さが約500キロだったことも分かった。

「餅飲み」保存会が披露・河北 (2019年02月24日UP)
餅は飲む物-。河北町溝延地区に伝わる「餅飲み」を継承する溝延一升宝餅保存会(井上与四助会長)の総会が24日、同地区の9区公民館で開かれ、会員たちが餅の喉ごしを楽しんだ。

せっせと雪堀り、地面出し競争 (2019年02月24日UP)
 積もった雪を掘り起こす「地面出し競争World Cup in肘折」が24日、大蔵村の肘折生涯学習センターグラウンドで開かれた。約230センチ下の地面を目指し、県内外の34チーム168人が奮闘した。