動画ニュース

まぶしい日差しの下、歩き進む 「最上川200キロを歩く」第4週

(2012年06月02日)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー」は第4週の2日、大蔵村の大蔵橋から村山市の隼橋までの区間を尾花沢市の明徳小(後藤吉美校長)と高橋小(秋生高志校長)の5年生計21人が担当した。本年度限りで統合する両校。来春からの新しい仲間同士で力を合わせ、初夏のまぶしい日差しの中を歩き進んだ。


このOSでは動画を再生できません