動画ニュース

山形大生救急車訴訟、市と遺族が和解 市川山形市長が出席、弔意示す

(2015年03月30日)
 山形市消防本部が救急車を出動させなかったため、山形大に通っていた大久保祐映(ゆうは)さん=当時(19)=が死亡したとして、遺族が市に損害賠償を求めていた訴訟は30日、和解が成立した。山形地裁であった和解協議には市川昭男山形市長が出席し、大久保さんの母親ら遺族と面会して弔意を示した。


このOSでは動画を再生できません