動画ニュース

合成クモ糸のジャケット、開発加速

(2015年11月26日)
 県内の産学官金の代表者らで組織する県合成クモ糸繊維関連産業集積会議(会長・吉村美栄子知事)の会合が26日、県庁で開かれた。鶴岡市のバイオベンチャー企業「Spiber(スパイバー)」の関山和秀代表執行役が、合成クモ糸を使用したアウトドア用ジャケットについて「来年には何としても販売にこぎ着けたい」と報告。出席者が今後の事業化促進などについて意見を交わした。


このOSでは動画を再生できません