動画ニュース

鼠ケ関マリーナに船舶用新型クレーン

(2016年03月30日)
 本県マリンスポーツの拠点である鶴岡市の鼠ケ関マリーナに、海に船舶を移動するための新しいクレーンが整備され、30日に現地で安全祈願祭とお披露目会が開かれた。クレーンは固定式の15トン級。この規模のクレーンは東日本の日本海側で初めて導入された。県港湾事務所は「従来より安全に素早く船が移動でき、使い勝手が良くなった。多くの人に利用してもらいたい」としている。


このOSでは動画を再生できません