動画ニュース

水害に備える大切さ学ぶ

(2017年06月03日)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2017」は第4週の3日、白鷹町鮎貝小(向田聡校長)の4年生24人が、同町の睦橋から朝日町の新五百川橋までの区間を歩いた。川沿いに整備されたフットパスを歩き、母なる川の雄大な流れを実感。最上川への親しみが一段と増した一日となった。


このOSでは動画を再生できません