動画ニュース

有事への備え、訓練で確認

(2017年06月09日)
 北朝鮮による度重なるミサイル発射を受け、住民参加型の避難訓練が9日、酒田市の西荒瀬地区で行われた。国や県、同市が主催し、地区内の小学校や保育園なども加わって、住民ら554人が参加した。同様の訓練は全国3例目。前日には地対艦巡航ミサイルが発射され、再び緊張感は高まった。県外の自治体関係者や海外の報道機関も見守る中、住民らは未経験の有事への備えを確認した。


このOSでは動画を再生できません