動画ニュース

絶好の探検日和、川の大切さ学ぶ

(2018年06月02日)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第4週の2日、白鷹町荒砥小(斎藤芳昭校長)の4年生45人が睦橋(白鷹町)から新五百川橋(朝日町)までの区間を歩いた。青空が広がる絶好の探検日和に恵まれ、穏やかな姿を見せる「母なる川」に親しんだ。


このOSでは動画を再生できません