動画ニュース

町産の木材使った楽器で全国へ

(2018年07月14日)
 最上町赤倉小(京野亮校長)の5、6年生10人が本年度、町産の木材を使った楽器の演奏に取り組んでおり、全国の小規模小学校を対象にした「小さな音楽会コンクール」への出場も決めた。「古里の音を響かせるぞ」と練習に熱が入っている。


このOSでは動画を再生できません