動画ニュース

汗光らせ、ぐんぐん前へ

(2018年07月14日)
 山形新聞、山形放送の8大事業の一つ「最上川200キロを歩く 小学校探検リレー2018」は第10週の14日、庄内町立川小(中野智嘉校長)の4~6年生22人が町内の立谷沢川合流点から庄内橋までの区間を担当した。最上川さみだれ大堰(おおぜき)の見学やゲストティーチャーの講話を通し、農業用水など米どころには欠かせない最上川の重要性を再認識。母なる川への愛着を深めた。


このOSでは動画を再生できません