県内イベント情報

きょうのイベント

<<9月29日のイベント
10月1日のイベント>>

山形 募集  山形まなび館はネコを題材にした写真を募集。「山形の街並みと猫」「我が家の猫のベストショット」など自由なテーマで撮影。入選作品は同館で開催する「やまがた猫びより『猫の写真展』」=10月14日(金)~11月3日(木)=で展示する。会期中に一般投票で最優秀作品1点を選び、全国の百貨店などで使える5000円分商品券を贈る。写真データかプリントした作品(A4サイズ以内)に応募用紙を添えて10月10日まで応募する。1人5点まで。参加無料。同館023(623)2285。 >>
2016年9月17日掲載

山形 体験・教室  AIRY(県国際交流協会)日本語教室は25日(木)~12月13日(火)の火・木曜日、霞城セントラル2階の県国際交流センター。外国人が中級レベルの日本語を学べる。総合クラスは午前10時半~午後0時半、日本語能力試験対策クラスは午後6時半~8時半。受講料は9000円で、賛助会員は5000円。18日までに申し込む。鹿内さん023(647)2560。 >>
2016年8月13日掲載

寒河江 募集  市は10月8日(土)に開催する葉山市民登山の参加者を募集。「やまがた百名山」に選定された、葉山の美しい紅葉を見ながら登る。午前6時半に葉山市民荘駐車場に集合し、午後4時ごろに解散予定。昼食を持参する。小雨決行、荒天の場合は中止。下山後は葉山市民荘で地元食材を用いた軽食を提供する交流会を予定している。参加費は1000円。締め切りは10月3日。市さくらんぼ観光課0237(86)2111。 >>
2016年9月3日掲載

寒河江 体験・教室  寒河江西村山日中友好協会(会長・佐藤洋樹寒河江市長)は中国語講座の受講生を募集。7月1日~12月9日まで毎週金曜日(お盆などを除く)の午後7時半~9時、寒河江市のハートフルセンターなどで計20回。初心者向けの「初歩クラス」と、継続受講者向けの「初級クラス」。いずれも受講料5000円(協会会員は3000円)。別途テキスト代。山形新聞寒河江支社内の同協会事務局0237(86)4241。 >>
2016年6月18日掲載

東根 募集  NPO法人健康さくらんぼ21は、10月23日(日)に行う第41回甑岳登山の参加者を募集。当日は午前7時半に東根市民体育館に集合。甑岳中腹のきのこ園山荘から山頂までの往復約7キロのコースを歩く。下山後にはきのこ汁を振る舞う。参加料1000円。9月15日から受け付けを開始する。はがきか申込書に必要事項を明記し、東根市経済部農林課農村林務係に郵送かファクス=0237(43)1151=で申し込む。10月7日必着。団体事務局の松田さん0237(43)2831。 >>
2016年9月10日掲載

河北 募集  べに花の里振興公社は10月10日(月)に開講する「宇宙と自然科学の出前講座」の受講者を募集。10月10、16、29日、11月5、13、27日の全6回の講座。「星のソムリエ」の資格を持つ大学教授らが講師を務め、宇宙の仕組みやカレンダーの歴史、星座の見つけ方などを学ぶ。各回とも午後6時半~8時にサハトべに花で。受講料は6回で1800円。定員は50人で、10月5日まで申し込む。サハトべに花0237(72)6555。 >>
2016年9月24日掲載

西川 募集  女性建築士が集まって結成した市民団体「みらいえ~る」は10月10日(月)に同町入間の月山じょいふるふぁ~むで開催する「自然満喫♪ もりのたんけんたい!!」の参加者を募集。森林探索を行い、おいしい芋煮を味わう。まき割りやペレットストーブの展示見学、動物ふれあい体験などもある。時間は午前10時~午後3時。参加費は小学生500円、中学生以上1000円(保険料込み)。おにぎりや飲み物などを持参。先着30人を募集。締め切りは10月1日。申込書に必要事項を記載し、ファクスなどで申し込む。ファクス023(643)4562。草刈さん090(7668)0252。 >>
2016年9月17日掲載

遊佐 講座・教室  人権フォーラム2016は30日(金)午後0時10分、遊佐中。「いのちの大切さを考える」をテーマに、酒田人権擁護委員協議会長の遠田健一氏が「いのちと人権」と題して同校武道場で講話。引き続き、同1時45分から体育館でNPO法人「地球のステージ」の桑山紀彦さんが紛争地帯の映像を交えたコンサートを行う。入場無料。町役場町民課0234(72)5885。 >>
2016年9月3日掲載

【開催中の展示会】

天童
2016年9月24日~2016年10月2日
 つちだよしはる絵本原画展は24日(土)~10月2日(日)、市立図書館。鶴岡市出身の土田義晴さんの絵本の原画を展示する。入館無料。市立図書館023(654)2440。 >>
2016年9月24日掲載

酒田
2016年7月13日~2016年10月5日
 特別展「時代を生きた写真家 濱谷浩と土門拳」は13日(水)~10月5日(水)、土門拳記念館。報道写真家として歩み出し、日本と日本人を知るために被写体に向き合ってきた2人の足跡をたどる。文楽や民俗行事、ヒロシマ、日本海沿岸の農村・漁村を捉えた作品約160点を紹介する。7月16日午後2時からは元岩波書店美術書編集長の多田亜生氏のギャラリートーク「報道写真家の生きた時代」を予定。会期中無休。午前9時~午後5時。入館料は一般800円、高校・大学生400円、中学生以下無料。同記念館0234(31)0028。 >>
2016年7月9日掲載

山形
2016年9月29日~2016年10月15日
 秋元しゅうせいさん(神奈川県平塚市)のひょうたんスピーカー展は29日(木)~10月15日(土)、ギャラリー・カフェ迦哩迦(かりか)。クリアな音が空間に広がると評判のヒョウタンを素材にした約20点を展示予定。営業時間は午前11時~午後6時。日曜祭日は午後5時まで。定休は月―水曜。同ギャラリー023(633)0518。 >>
2016年9月24日掲載

天童
2016年9月15日~2016年10月16日
 「画業20周年 片岡鶴太郎展 還暦紅」は15日(木)~10月16日(日)午前9時半~午後6時、市美術館。役者にして画家、陶芸や染色にも才能を発揮する鶴太郎さんの最新作を含む約100点を展示する。入館料は一般700円、高校・大学生500円、小・中学生400円。17日は画集購入者を対象にサイン会も開催。市美術館023(654)6300。 >>
2016年9月10日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【新聞と18歳選挙権フォーラム開催のお知らせ】
     山形新聞は10月12日、創刊140周年と第69回新聞大会(10月18日・山形市)の開催を記念し、山形市の東北芸術工科大を会場に「新聞と18歳選挙権フォーラム」を開きます。聴講者を募集します。東京大前総長の浜田純一氏と、「政治オタク女子」として知られるタレントの春香クリスティーンさんを迎え、山形の高校生、大学生らと共に主権者の在り方などについて議論します。
     聴講は無料。高校生や大学生をはじめ誰でも参加できます。希望者に聴講券を郵送します。

     ◇日時 10月12日(水)午後5時10分
     ◇会場 山形市上桜田 東北芸術工科大201講義室
     ◇申し込み 住所、氏名、年齢、電話番号、学生の場合は学校名を明記し、はがき、ファクス、Eメールで。定員になり次第、締め切ります。
     〒990-8550山形市旅篭町2の5の12 山形新聞編集局「新聞と18歳選挙権フォーラム係」。
     ファクス  023(641)3106。
     Eメール  forum@yamagata-np.jp
     ※応募者の個人情報は山形新聞社が適正に管理し、聴講券の郵送に利用いたします。
     ◇問い合わせ 山形新聞報道部 023(622)5271。
     ◇共催 日本新聞協会
     ◇後援 県教育委員会、県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  4. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  5. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  6. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  7. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  8. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  9. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  10. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から