県内イベント情報

きょうのイベント

<<8月26日のイベント
8月28日のイベント>>

山形 イベント  たんぽぽ保育園のたんぽぽまつりは27日(土)午前10時50分~午後1時、同園。日用品や子ども服の古着、手作り菓子などを販売するバザーを開く。誰でも参加できる。駐車場がある。同園023(631)0525。 >>
2016年8月20日掲載

山形 イベント  市野草園の写真撮影会は27日(土)午前9時半~正午、同園。園内を散策しながら見頃を迎えたハスやキキョウ、オミナエシなどを自身のデジタルカメラで撮影し、写真を紹介し合う。先着15人。電話で申し込む。資料代100円(入園料別)。雨天中止。同園023(634)4120。 >>
2016年8月20日掲載

山形 ステージ  語り劇「零(zero)に立つ~激動の一世紀を生きた中川イセの物語」は8月27日(土)午後6時、シベールアリーナ。天童市出身の中川イセさん(1901~2007)は北海道・網走市議会の初の女性議員として人権擁護活動に尽力した。夢実子さん(天童市)が演じる。前売り3000円、当日500円増し。同館と八文字屋本店、TENDO八文字屋でも扱っている。実行委員会070(6647)3383。 >>
2016年7月30日掲載

山形 体験・教室  珈琲(コーヒー)のおいしい淹(い)れ方教室は27日(土)午前10時半、蔵王の森焙煎工房旅篭町店。店主の野村文明さんがコーヒーの基礎知識と保存法、ハンドドリップでの正しい入れ方を教える。事前申し込みが必要。参加費1080円。同店023(623)9301。 >>
2016年8月20日掲載

山形 体験・教室  AIRY(県国際交流協会)日本語教室は25日(木)~12月13日(火)の火・木曜日、霞城セントラル2階の県国際交流センター。外国人が中級レベルの日本語を学べる。総合クラスは午前10時半~午後0時半、日本語能力試験対策クラスは午後6時半~8時半。受講料は9000円で、賛助会員は5000円。18日までに申し込む。鹿内さん023(647)2560。 >>
2016年8月13日掲載

寒河江 体験・教室  寒河江西村山日中友好協会(会長・佐藤洋樹寒河江市長)は中国語講座の受講生を募集。7月1日~12月9日まで毎週金曜日(お盆などを除く)の午後7時半~9時、寒河江市のハートフルセンターなどで計20回。初心者向けの「初歩クラス」と、継続受講者向けの「初級クラス」。いずれも受講料5000円(協会会員は3000円)。別途テキスト代。山形新聞寒河江支社内の同協会事務局0237(86)4241。 >>
2016年6月18日掲載

上山 募集  かみのやま温泉「踊り山車」振興会は、9月18日(日)のふるさと秋祭り「踊り山車」で運行する山車2台のボランティアの引き手を募集。当日は踊り手を乗せた2台の山車が、午前11時半~午後8時の時間帯で市内各地を巡る。対象は20歳以上の男女で居住地は問わない。申し込みは9月2日まで。市観光物産協会内の事務局023(672)0839。 >>
2016年8月20日掲載

東根 募集  マイ・スポーツひがしねは9月17日(土)午後1時に市民体育館で開催するカローリング交流大会の出場チームを募集。1チーム3人編成で、円盤に車輪の付いたローラーをカーリングのように円形のポイントゾーンに滑らせ、得点を競う。参加料は1チーム1000円で定員は36チーム。9月1日まで申し込む。市民体育館0237(42)2311。 >>
2016年8月20日掲載

東根 募集  マイ・スポーツひがしねは9月19日(月)午前9時に市民体育館で開催するタグラグビーフェスティバルの出場チームを募集。タックルの代わりに腰に付けた短冊状のタグを取り合い、トライを目指す5人対5人の簡易版ラグビー。小学生は3年生以下の低学年の部と4年生以上の高学年の部、中学生以上の大人の部の計3部門があり、参加料は1人500円で登録人数は1チーム5~10人。締め切りは9月1日。市民体育館0237(42)2311。 >>
2016年8月20日掲載

東根 募集  市子育て健康課は9月24日(土)に神町地区で繰り広げるウオーキングイベント「チャンレジ健康」の参加者を募集。神町公民館発着で午前9時半から2・5キロと4キロのコースを歩く。ウオーキング後は若木山公園内に整備された8基の健康遊具の体験会を開催。芋煮も用意する。受け付けは同8時半から。対象は小学生以上で定員200人。参加料は大人500円、高校生以下200円。所定用紙に必要事項を明記し9月5日まで申し込む。同課0237(43)1201。 >>
2016年8月13日掲載

尾花沢 募集  北村山地域史研究会は9月10日(土)、17日(土)、24日(土)の計3回、市共同福祉施設で開催する講座「地域の歴史再発見!! 尾花沢市編」の参加者を募集。県埋蔵文化財センターの職員や研究会メンバーが講師となり、遺跡や陶器、延沢城本丸跡発掘調査の成果などについて学ぶ。10日と24日が午後2時~5時15分、17日が同2時15分~5時半。受講料は各500円。事務局の片桐正秀さんに事前に申し込む。片桐さん(県村山総合支庁北村山地域振興局北村山道路計画課)0237(47)8674。 >>
2016年8月20日掲載

尾花沢 募集  市商工観光課は市内で27日(土)と28日(日)に開かれるおばなざわ花笠まつりをテーマにした第12回フォトコンテストの参加者を募集。未応募、未発表作品に限り、グランプリには賞金5万円と賞状が贈られる。規定はカラープリント四つ切り判、デジタルカメラはA4判厚手光沢紙が使用可能。加工、合成処理作品は不可。9月21日まで申し込む。同課観光物産係0237(22)1111内線252、253。 >>
2016年8月6日掲載

大江 体験・教室  速く走るこつや弁当のレシピを学ぶ「運動会必勝塾と勝負飯」は27日(土)午前9時15分~午後1時、左沢小グラウンド。インストラクターが速く走るための体の動かし方などを指導するほか、栄養バランスの良い弁当を作るためのレシピを贈る。参加費1200円(昼食を希望する場合は別途500円)。定員は先着70人で、22日まで申し込む。県朝日少年自然の家0237(62)4125。 >>
2016年8月20日掲載

大石田 募集  大石田まつり委員会は15日(月)と16日(火)に町内で開かれる大石田まつりをテーマにした写真コンテストの作品を募集。15日の維新祭の部、16日の大石田まつりの部の2部門があり、各部門の特選には賞金3万円を贈る。31日まで申し込む。事務局の同町0237(35)2111。 >>
2016年8月13日掲載

酒田 体験・教室  市ボランティアセンターと市公益活動支援センターは、中学生から一般まで「夏のボランティア体験2016」(7月16日~8月31日)の参加者50人を募集している。市内の保育園や病院、NPO法人、障害者支援施設の協力を受け、▽子どもに関わる活動▽市民活動グループの活動-など38の体験メニューを用意。希望者は自分の好きなメニューを選んで活動する。7月10日午前9時半から市地域福祉センターで開催する説明会に参加できることが条件。9月には「ふりかえり会」も予定している。保険料や交通費は参加者が負担する。7月4日締め切り。小学5、6年生も参加可能な三つの学習会メニューも別途準備している。市ボランティアセンター0234(43)8165。 >>
2016年6月18日掲載

酒田 体験・教室  市土門拳文化賞選考委員を務める写真家・大西みつぐ氏を講師にした「写真ワークショップ」は27日(土)と28日(日)、市内。初日は午前11時に土門拳記念館で普段入れない収蔵庫などを見て回るバックヤードツアーを行い、午後1時から琢成学区コミュニティ防災センターで大西氏から写真撮影についてレクチャーを受ける。午後2時からは日和山周辺で撮影会を開く。2日目は午前10時から市総合文化センターで写真をプリントし、大西氏が講評する。高校生以上が対象で、定員20人。参加費は1000円(高校生は500円)。カメラとSDカードを持参する。市教育委員会社会教育文化課0234(24)2982。 >>
2016年8月20日掲載

酒田 講座・講演  9月24日(土)から東北公益文科大酒田キャンパス内のコワーキングスペース「アンダーバー」で始まる創業セミナーの説明会は8月22日(月)午後7時と27日(土)午後1時、同所。セミナーは同大と日本政策金融公庫が主催し、9月24日と10月26日(水)、11月26日(土)、来年1月25日(水)、2月25日(土)の計5回。土曜は午後1時から、水曜は同7時から、それぞれ1時間。毎回同様の内容で、同公庫酒田支店の五十嵐渉融資課長が創業事例や受けられる支援などを解説する。受講者同士の交流もある。定員は各回10人。受講無料。説明会は8月19日まで申し込む。同大庄内オフィス0234(41)1115。 >>
2016年8月6日掲載

米沢 イベント  芸文協歌声サロンは8月27日(土)午後2~4時、米沢信用金庫本店。市内で活動しているフォークソンググループ「フォーク スパイス」が出演。「バラが咲いた」「この広い野原いっぱい」などを一緒に歌う。歌集や飲み物、菓子付きで入場料500円。市芸術文化協会事務局0238(22)7015。 >>
2016年7月16日掲載

高畠 募集  浜田広介記念館は、町出身の童話作家浜田広介の童話「石のかえるとひきがえる」を読んで作品を作る「第14回ひろすけ童話造形創作コンクール」への出品者を募集。ぬいぐるみや粘土細工、彫刻など形態や材料は自由だが、絵画や版画など平面作品は除く。大きさは1メートル以内、重さは30キロ以下。作品は同館に持参するか、〒992-0334、高畠町一本柳2110、浜田広介記念館「第14回ひろすけ童話造形創作コンクール」係まで郵送する。9月4日(日)必着。同館0238(52)3838。 >>
2016年8月20日掲載

白鷹 体験・教室  しらたかワークショップ倶楽部が主催する「薔薇(ばら)のキャンドル」制作は27日(土)午後1時半、町下公民館(土里夢館)。シート状のろうを使ったキットで作る。参加費2000円。申し込み締め切りは20日。大木さん090(3984)2273。 >>
2016年8月13日掲載

新庄 イベント  最上伝承野菜フェアオープニングイベントは30日(土)午後5時半、ニューグランドホテル。同フェアは5回目で本年度は30日~8月31日に開催。最上地域の23店舗が畑なす、勘次郎胡瓜(かんじろうきゅうり)、最上赤にんにくといった最上伝承野菜を使った料理を提供。2店舗からはんこをもらうと、抽選で商品券などが当たるスタンプラリーがある。オープニングイベントは最上伝承野菜とやまがた地鶏のコラボ料理を提供するほか、漆野いんげん、畑なすを使ったスイーツの調理実演も。午後7時半終了予定。参加費2500円。定員50人。申込締め切りは26日。県最上総合支庁農業振興課0233(29)1316。 >>
2016年7月16日掲載

新庄 募集  市地球温暖化対策協議会は9月17日(土)に市内で開く新庄の再生可能エネルギーバスツアーの参加者を募集。午後1時半~4時の日程で、もがみ自然エネルギーの飛田太陽光発電所、県最上総合支庁内の木質バイオマスボイラーなどをバスで巡って視察し、再生可能エネの可能性や地球温暖化防止について考える。市役所集合、解散。対象は中学生以上の市民で先着20人。参加無料。申し込み締め切りは9月9日。同協議会事務局の市環境課環境保全室0233(22)2111内線432。 >>
2016年8月20日掲載

【開催中の展示会】

山形
2016年8月22日~2016年8月27日
 市内外の写真愛好家6人でつくる「ひまわりフォトクラブ」の写真展は22日(月)~27日(土)、文翔館。風景や人物などを収めた力作25点を展示する。時間は午前10時~午後4時半(22日は午後1時から、27日は午後3時まで)。入場無料。多田さん023(622)8593。 >>
2016年8月13日掲載

山形
2016年7月21日~2016年8月28日
 猿江ガラス(東京)の越中真知子さんと“宇宙(そら)のうつわ”の黒川大介さんの2人展は21日(木)~8月28日(日)、ギャラリー・カフェ迦哩迦(かりか)。日常的に使えるガラス製品を約200点紹介する。茶道に合う棗(なつめ)やわん、花器も。オープンは木~日曜日。時間は午前11時~午後6時で、日曜・祝日は午後5時まで。最終日は午後3時まで。同ギャラリー023(633)0518。 >>
2016年7月16日掲載

天童
2016年6月21日~2016年8月28日
 おらほの自慢地域のお宝展は21日(火)~8月28日(日)、旧東村山郡役所資料館。市立公民館と連携し地域のお宝を紹介する。午前9時~午後6時。入館料は一般200円、高校生100円、小中学生無料。同資料館023(653)0631 >>
2016年6月18日掲載

天童
2016年8月18日~2016年9月11日
 天童美術のはじまり草創期の宝樹社は18日(木)~9月11日(日)、市美術館。市内で最も古い美術団体。草創期に活躍した画家の作品を中心に紹介する。入館料は一般400円、高校・大学生200円、小・中学生100円。市美術館023(654)6300。 >>
2016年8月13日掲載

山辺
2016年8月7日~2016年9月18日
 大滝博子さんの創作人形展は8月7日(日)~9月18日(日)、ふるさと資料館。おでこを突き合わせた母と娘、祈るように空を仰ぐ女の子、散歩するおばあちゃんと男の子など20場面を展示する。時間は午前9時半~午後4時半で、月曜休館。入館料は大人200円、高校生以上100円、小中学生50円。同館023(664)5033。 >>
2016年7月23日掲載

酒田
2016年7月13日~2016年10月5日
 特別展「時代を生きた写真家 濱谷浩と土門拳」は13日(水)~10月5日(水)、土門拳記念館。報道写真家として歩み出し、日本と日本人を知るために被写体に向き合ってきた2人の足跡をたどる。文楽や民俗行事、ヒロシマ、日本海沿岸の農村・漁村を捉えた作品約160点を紹介する。7月16日午後2時からは元岩波書店美術書編集長の多田亜生氏のギャラリートーク「報道写真家の生きた時代」を予定。会期中無休。午前9時~午後5時。入館料は一般800円、高校・大学生400円、中学生以下無料。同記念館0234(31)0028。 >>
2016年7月9日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回、ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  2. 【2016年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2016年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. 【モンテにメッセージ届けよう】
     J2の今季もチームや選手、監督に対する応援メッセージを募集します。メッセージは「モバイルやましん」、山形新聞ホームページ「やまがたニュースオンライン」で見ることができます。投稿、閲覧は無料です。
  5. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  6. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  7. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  8. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  9. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から