県内イベント情報

2017年2月1日のイベント

<<1月31日のイベント
2月2日のイベント>>

山形 募集  子育て中の女性の再就職などを支援する総合相談窓口「マザーズジョブサポート山形」は、2月14日(火)から5回にわたり山形テルサなどで開く保育現場復帰講座の受講生を募集。14、16、21、28日は山形テルサで午前10時から、東北文教大の教授らを講師に保育の専門知識や子どもの遊び、保護者対応などを学ぶ。22~27日のいずれか1日は市内の認可保育園で実習を行う。対象は保育士や幼稚園教諭などの有資格者で、現在保育の仕事に就いていない人。2月6日まで申し込む。受講無料。マザーズジョブサポート山形023(665)5915。 >>
2017年1月28日掲載

寒河江 体験・教室  セルフリンパケア&ストレッチ体験会は11日(水)と2月1日(水)、チェリーナさがえ。時間は両日とも午後8時15分~9時15分。県エアロビック協会の認定インストラクター須藤留美子さんが講師を務め、全身のリンパの流れを促進するマッサージと軽いストレッチで美しい体づくりを目指す。各回先着8人程度で、申し込みが必要。チェリーナさがえ0237(85)1800。 >>
2017年1月7日掲載

村山 募集  市農村文化保存伝承館は、2月5日(日)に市伝承の家で開催する「伝承館DEフレンチ2」の受講生を募集。ブーランジェリーカフェ「ラ・プロヴァンス」(山形市)の富樫勝也シェフを講師に、バレンタインデーに向けた料理とデザートを作る。受講料2000円で、定員20人。市農村文化保存伝承館0237(53)3277。 >>
2017年1月28日掲載

東根 講座・講演  果樹王国ひがしね6次産業化推進フォーラムは2月1日(水)午後1時半、花の湯ホテル。小沢亙山形大農学部教授が「果樹王国ひがしね6次産業化推進戦略について」と題して基調講演する。東北芸術工科大生とおおむら夢ファームシュシュ(長崎県大村市)の山口成美社長がそれぞれ事例を紹介。「6次産業化ネットワーク・拠点づくり」「果樹王国ひがしねブランド化」をテーマにした分科会も開かれる。定員は先着100人で参加無料。1月25日まで申し込む。市ブランド戦略推進課0237(42)1111(内線2812)。 >>
2017年1月21日掲載

尾花沢 募集  市は雪にちなんだ恋の話を題材にした第16回雪のラブレターを募集。俳句と恋文の2部門で、恋文は120字以内。自作、未発表の作品に限り、1人各3点まで、ペンネームでの応募も可能。最優秀賞には市の特産品詰め合わせ3万円相当を贈る。来年2月26日当日の消印有効。入賞作品は3月下旬に市のホームページなどで発表する。はがきか封書に住所、氏名、年齢、性別、職業、電話番号、メールアドレス(任意)。応募先は〒999-4292、尾花沢市若葉町1-1-3、尾花沢市役所商工観光課内「雪のラブレター」係。同係0237(22)1111内線252。 >>
2016年12月17日掲載

西川 募集  県立自然博物園とNPO法人エコプロは12月10日(土)から4回シリーズで開催する「スノーシューイング」の参加者を募集。スノーシュー(西洋かんじき)を履いて、初回は弓張平公園パークプラザ周辺を散策する。2回目の来年1月7日(土)は大井沢地区、3回目の2月4日(土)は動物の足跡探し、4回目は3月11日(土)に月山志津温泉や自然博物園周辺を歩く。各回、参加費は1人1500円。スノーシューとストックのレンタルもできる(有料)。申し込みが必要。エコプロ0237(75)2780。 >>
2016年11月5日掲載

新庄 募集  県神室少年自然の家は、2月25日(土)に開くスノートレッキングin陣峰市民の森の参加者を募集。雪上を安全に歩き、冬山遊びを楽しむ。対象は小学5年生から一般まで30人程度。午前9時半に新庄駅東口バス停集合。市体育館に移動して同10時15分からトレッキングを始め、昼食、けっつぞり遊びを挟み、午後2時半下山。同2時45分に新庄駅東口バス停で解散。スノーシュー、かんじきを持参(貸し出し可)。参加費200円。申込期間は2月1~10日。同自然の家0233(62)2611。 >>
2017年1月28日掲載

大蔵 募集  肘折温泉さんげさんげ実行委員会は1月7日(土)午前10時から同温泉街で行う伝統行事「さんげさんげ」の参加者を募集。対象は18歳以上の男女3人程度。当日は午前9時15分に肘折センターに集合し、行者姿で旅館や商店を巡る。餅つきや祈祷(きとう)も。体験料は無料。29日午後4時まで肘折いでゆ館に申し込む。応募者多数の場合は抽選。同館0233(34)6106。 >>
2016年12月24日掲載

【開催中の展示会】

天童
2017年1月21日~2017年2月5日
 吉野石膏コレクション展は2月5日(日)まで、市美術館。所蔵する日本絵画256点のうち、秋から冬を主題にした作品など90点を展示。入館料は一般400円、高校・大学生200円、小中学生100円。市美術館023(654)6300。 >>
2017年1月21日掲載

天童
2017年1月28日~2017年2月5日
 第32回読書感想画展は28日(土)~2月5日(日)、市立図書館。市内の小中高校生の作品約300点を展示。入場無料。市立図書館023(654)2440。 >>
2017年1月21日掲載

山形
2017年1月26日~2017年2月19日
 九谷伝統工芸士の竹内靖さん、智恵さん夫妻による九谷焼「萌窯」(石川県小松市)の「色絵・染付けの器」展は26日(木)~2月19日(日)、小白川町5丁目のギャラリー・カフェ迦哩迦(かりか)。大皿、花器、湯飲みなど約180点を展示。最終日は午後3時まで。営業は木-日曜。時間は午前11時~午後6時で、日曜祝日は午後5時まで。迦哩迦023(633)0518。 >>
2017年1月21日掲載

酒田
2017年1月7日~2017年2月20日
 本間美術館の企画展「若き激情の画家 小野幸吉」は1月7日(土)~2月20日(月)、同館。同市出身で、20歳10カ月でこの世を去った画家・小野幸吉の回顧展。「ガウンを着た自画像」や代表作「ランプのある静物(A)」、2016年に同館に寄贈された「ダリア」など、本格的に制作に打ち込んだ17~20歳ごろの作品を中心に40点を展示する。入館料900円。同館0234(24)4311。 >>
2016年12月24日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、26日配信

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から