県内イベント情報

2018年1月13日のイベント

<<1月12日のイベント
1月14日のイベント>>

山形 その他  蔵王温泉スキー場の樹氷ライトアップは23日(土)から、蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近。開催日は24日、29~1月7日、13、14、20、21日、27~3月4日で、時間は午後5~9時。ロープウェイの上り最終は午後7時50分。悪天候時は運休も。往復運賃は大人2600円、子ども1300円。市観光案内センター023(647)2266。 >>
2017年12月23日掲載

山形 アラカルト  仮想現実(VR)の装置で認知症の人の見え方を疑似体験するイベントは13日(土)午後2時半、市保健センター(霞城セントラル3階)。「VR認知症プロジェクト」を進める下河原忠道さんが講師。受講無料。13歳以上が対象で先着50人。NPO法人エール・フォーユーの小関さん023(673)9011。 >>
2018年1月6日掲載

寒河江 イベント  初市は13日(土)午前9時~午後4時、フローラ・SAGAE駐車場内。甘酒の振る舞いや地元商店による逸品などをお得に販売。午前10時半、11時半の2回、豆まき大会も開催する。市商工会0237(86)1211。 >>
2018年1月6日掲載

寒河江 募集  最上川ふるさと総合公園の指定管理者であるさがえ・ふるさと共同企業体は10日(水)から同公園で開催する講座「ハーブとアロマの香り箱」の受講者を募集。ハーブティーを楽しみながらアロマクラフトを制作する。6月6日(水)まで月1回の6回コースで、各回2品ずつ作る。受講料は6000円で、毎回材料代4000円が必要。同公園0237(83)5195。 >>
2018年1月6日掲載

寒河江 ステージ  寒河江混声合唱団の第26回定期演奏会は13日(土)午後2時、市民文化会館。「上を向いて歩こう」や「アメイジング・グレイス」などの名曲を披露。市少年少女合唱団も賛助出演。一般500円、高校生以下無料。チケットはサトーおんがく館、松田書店で扱っている。後藤さん090(9637)5104。 >>
2018年1月6日掲載

上山 講座・講演  歴史講座「『立石寺騒動記』を読む」は13日(土)午前10時~11時半、上山城。1750(寛延3)年5月、立石寺で起きた学頭殺害事件の経過を追う。平成上山藩兵法方の田中大輔さんが講師を務める。申し込み不要だが受講には入館料(大人410円)が必要。年間パス利用者は100円。同城023(673)3660。 >>
2018年1月6日掲載

天童 イベント  第70回懐かしのレコードコンサートは13日(土)午後3時、市民文化会館1階展示室。1月は「古賀メロディー特集」。「影を慕いて」「酒は涙か溜(ため)息か」「悲しい酒」など7曲を準備。他に客からのリクエスト、イントロクイズもある。入場無料。市文化スポーツ課023(654)1111。 >>
2018年1月6日掲載

天童 募集  県総合運動公園指定管理者のモンテディオ山形は同公園大会議室などを会場に10日(水)に開講するスポーツ吹矢(ふきや)教室の受講者を募集。県スポーツ吹矢協会の国井良幾会長と公認指導員の国井千鶴子さんが講師。開催日は10、24日、2月14、28日、3月14、28日の計6回。いずれも午前10時からの1時間半。定員は20人。受講料は2400円。申し込みは各回の前日まで。同社023(655)5900。 >>
2018年1月6日掲載

天童 募集  市民プラザは「シニア世代のための金融リテラシー講座」の受講者を募集。講師はファイナンシャルプランナーの武田幸夫さん。「豊かな老後と次世代のためにやるべきこと」をテーマに、アクティブな活動資金の捻出法、お金との向き合い方、次世代へのスムーズな財産相続を考える。1月20日(土)と2月24日(土)午前10時~正午に開講、都合の良い日を選択する。受講料1620円。同プラザ023(654)6200。 >>
2018年1月13日掲載

東根 募集  山形マウンテンバイク協会は、ひがしね雪祭りの一環として2月4日(日)に開催するシクロクロスの参加者を募集。さくらんぼ東根温泉街東側に特設コースを設け、24~29インチの自転車で雪上などのオフロードを走り、1時間の周回数を競う。開会式は午前11時。中学生以上が対象でA(60歳以上男性)B(50歳以上男性)C(40歳以上男性)D(39歳以下男性)E(女性)F(ファットバイク)の6クラス。参加料3000円で18日まで申し込む。同協会事務局0237(42)0561。 >>
2018年1月13日掲載

尾花沢 募集  市内の旅行会社オーティービーは2月10日(土)~11日(日)に行う市内を舞台にした冬の移住体験ツアーの参加者を募集。「尾花沢暮らしのリアル」を体験してもらう市の事業で、はだやら(真っさらな雪原)遊びやスノーモービル、かまくらなど各種体験を楽しむ。雪かきや空き家物件の見学、移住者との交流も行い、豪雪地の暮らしの現状について理解を深める。募集人数は10人で参加費9000円。22日まで申し込む。オーティービー0237(22)1621。 >>
2018年1月6日掲載

尾花沢 募集  市は雪にちなんだ恋の話を題材にした第17回雪のラブレターを募集。俳句と恋文の2部門で、恋文は120字以内。自作、未発表の作品のみとし、1人各3点まで、ペンネームでの応募も可能で、大賞には市の特産品詰め合わせ3万円相当を贈る。2月25日の消印有効。入賞作品は3月下旬に市のホームページなどで発表する。はがきか封書に必要事項を明記し、市商工観光課内の「雪のラブレター係」に郵送する。同係0237(22)1111。 >>
2018年1月6日掲載

鶴岡 出初め式  消防出初め式は1月13日(土)午前10時、市役所前通り。市消防団員と市消防本部職員計約500人が参加し、分列行進やまとい振りを披露する。市消防本部警防課0235(22)8320。 >>
2017年12月23日掲載

米沢 募集  文化複合施設「ナセBA」内のよねざわ市民ギャラリーと市芸術文化協会は来年3月17~25日、同ギャラリーで開く「ARTS MEET OKITAMA2018」の出品者を募集。応募資格は置賜地域にゆかりのある、美術作家か作家志望の人。作品は1人1点(組作品は1組2点)までで、ジャンルや新旧は問わない。出品無料。同施設や伝国の杜などに備え付けの申込書に必要事項を記入し、郵送かファクス、メールなどで提出する。同1月31日必着。申込先は〒992―0045、米沢市中央1の10の6、同ギャラリー。同ギャラリー0238(22)6400。ファクスは0238(26)0036。メールアドレスはnaseba@library.yonezawa.yamagata.jp >>
2017年12月16日掲載

新庄 イベント  「小正月の伝統行事を体験しよう なし団子かざり」は13日(土)午前10時、新庄ふるさと歴史センター。ミズキの木に紅白の団子を飾り付ける。新庄民話の会の会員による、冬に関する昔話も。参加者には餅がプレゼントされる。参加無料。同センター0233(22)2188。 >>
2018年1月13日掲載

最上 イベント  赤倉温泉お柴灯(さいとう)まつりは13日(土)午後6時半、赤倉温泉せんしん館前。小正月の伝統行事として古くから行われてきた「お柴灯」と、下帯一枚の男性達がたいまつを手に雄たけびを上げながら地区内を駆け回る「鳥追い」を行う。お柴灯の点火は午後7時ごろ。ミカンまきや開運大抽選会も。赤倉温泉観光協会080(1660)4083。 >>
2018年1月13日掲載

真室川 募集  県神室少年自然の家は2月3日(土)と4日(日)の1泊2日の日程で開かれる「親子ふれあいキャンプ」の参加者を募集。雪遊びや豆まき、スノーハイキング、ジャンボのり巻き作りなどを楽しむ。夜は室内か雪中のテントで眠る。対象は幼児・小学生とその保護者20組60人程度。参加費は1人2000円。16日までに申し込む。同自然の家0233(62)2611。 >>
2018年1月6日掲載

【開催中の展示会】

上山
2018年1月13日~2018年1月30日
 図書のテーマ展示「今年は戌(いぬ)年」は30日(火)まで市立図書館。戌にちなんだ本や干支(えと)に関する書籍など、さまざまな図書を紹介している。同館023(677)0850。 >>
2018年1月13日掲載

東根
2018年1月13日~2018年2月12日
 本紙アートフロンティア筆者で東根市出身の美術家ながさわたかひろさんの滞在制作展「オレ新聞」は13日(土)~2月12日(月)、まなびあテラス。ながさわさんが会場に常駐し、身の回りの出来事や気になるニュースを「オレ新聞」として描き、1日1枚ずつ展示していく。憧れの著名人に思いを伝えるための版画作品「に・褒められたくて」シリーズなどの代表作も展示する。午前9時~午後6時で入場無料。初日は午後1時からオープニングイベントを開催する。施設内の市美術館0237(53)0229。 >>
2018年1月6日掲載

米沢
~2018年3月25日
 公募展「ARTS MEET OKITAMA2018」は3月17日(土)~25日(日)、文化複合施設「ナセBA」内のよねざわ市民ギャラリー。置賜地域にゆかりのあるさまざまなジャンルの作家ら91人が出展。展示のほか、一部作品は販売も行う。前回展で大賞に選ばれた福崎翼さんの個展も同時開催する。ともに入場無料で、時間は午前10時~午後6時。同ギャラリー0238(22)6400。 >>
2018年2月24日掲載

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

GW特別号、25日配信!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から