最新記事

藤沢周平さんについて語り合った、藤沢さんの長女の遠藤展子さん(中央)と元編集者の鈴木文彦さん(右)、寒河江浩二山形新聞社長=山形市・山形メディアタワー
 今年没後20年を迎えた作家藤沢周平さん(鶴岡市出身)の長女でエッセイストの遠藤展子さん(東京都)が5日、山形市の山形メディアタワーを訪れ、寒河江浩二山形新聞社長と懇談した。遠藤さんは「あっという間に過ぎた20年。ファンの皆さんは、よくここまで(作品を)読み続けてくださった」と感謝した。[記事全文]


 戦争嫌い、熱狂嫌い、流行嫌い。[記事全文]
没後20年・生誕90年

 下級武士や庶民の哀歓を描き、時代・世代を超えて愛されている藤沢周平さん。2017年は没後20年、生誕90年の節目に当たる。今日は藤沢さんの命日。山形新聞、山形放送8大事業として、識者や作家、ゆかりの人たちからの寄稿などを通して、作品の魅力や藤沢さんの人柄、エピソードなどを紹介する。

海坂藩の風景~藤沢映画ロケ地巡り

 今年没後20年の作家藤沢周平さん(鶴岡市出身)。小説を基に8作品が映画化され、このうち「蝉しぐれ」「たそがれ清兵衛」など7作品が県内で撮影された。藤沢さんの原風景ともいえる庄内、山形の土地は映画に説得力を与えている。節目の年に改めて県内約40カ所のロケ地を訪ねる。

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から