【没後20年・生誕90年】山形大副学長・阿部宏慈(下) 「藤沢周平と映画」

2017年03月25日
 藤沢周平氏自身は自らの作品の映画化についてどう考えていたのか。劇場版の映画製作は2002年の「たそがれ清兵衛」が最初で、テレビドラマが先行した。テレビ的な映像一般についての藤沢氏の評価は必ずしも高くない。その中で、実際に映像化された自作をテレビで見たことで得た結論は、まずもって「テレビと原作はまったく別物」である。小説には「空間的、時間的そのほかの小説としての微細な書きこみ」がある。その上であえて「原作につきすぎてもいなければ、離れすぎてもいない、そういう位置で、自由に原作を料理し、まさに映像でしか表現出来ないものを描き出しているような」作品、「原作を、原作が意図したところよりも、さらに深いところまで読みとって、そこから新たな自分の生命を得て翔(と)び立つ」映像こそがすぐれた作品であるという(「映像と原作」)。

 小説は、いつも一定の想像の範囲を残す。そこで描かれる事物は、そのいわば空間的で時間的な延長線上にある外側を読者の想像に委ねる。他方、時代小説には時代小説の約束事がある。例えば「隠し剣孤影抄」に収められた「邪剣竜尾返し」は山中の寺でのお籠(こも)りで人妻と深い仲になる若い剣士の話であるが、その女性は「鉄漿(かね)をつけた武家方の女、つまり人妻である」とされる。江戸期の物語であるからには、人妻はしばしば眉を剃(そ)り、歯を染めていたろう。

 「用心棒日月抄」でも青江又八郎の妻由亀は眉を剃った跡が青々としていると描写される。映画では回避されがちな既婚女性の風俗が、小説では時にさりげなく示される。とすれば、「隠し剣鬼の爪」の狭間(はざま)の妻を演じた高島礼子などは、できれば眉を剃りお歯黒を染めていた方が、はるかにエロチックな風情も出たろうにと思うのは私ぐらいだろうか。

 それとは逆なのが言葉かもしれない。藤沢の時代小説では時に登場人物たちが海坂なら海坂の言葉、江戸なら江戸の言葉で話していることが述べられる。「蟬しぐれ」の与之助は、江戸詰になった当初、いかに「国言葉」で侮られたかを述べるが、それを述べる言葉自体は方言ではない。藤沢作品では、「春秋山伏記」のような作品をのぞいて、山田洋次の映画のように、登場人物が庄内弁で話しているということはない。確かに宮沢りえや松たか子が「でがんす」と言うのはなかなかチャーミングである。

 海坂藩という設定の魅力は、とりあえず特定はしないが、どこか非常に個性的な地方らしさを持つ場所であることだろう。藤沢氏自身が「北国」のある藩という設定としつつも、頭の中では荘内藩のことを思っているのだという。「三の丸広場」と書く時には、昔の荘内藩鶴ケ岡城三ノ丸あたりを思い浮かべているというのだ。そうなれば、なおのことそういう故郷の匂いが、彼の時代小説全体を覆うのは当然の成り行きで、それがまた彼の作品の魅力となっているのだ。とすれば、方言もまた山形ロケでしか出ない風合い、映画全体を包む大地の匂いの一部と言える。
(山形市)
藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から